VOL.3087

2016.11.30  |

君の名は

いやー。全てにおいて上手くできている、今を描いた作品。
『愛の流刑地』でご一緒だった市川南さん。大ヒットおめでとうございます。
飛行機の中で号泣し、隣の人に不信がられた。
『シンゴジラ』と池松くんと菅田くんの映画も見たかったんだけど。

税関に時間がかかったー。
名前を聞かれ、女優と知るとどんな映画に出てるだの、日本でどれくらい有名なんだの、チェックした後サインを描いてくれだの。
さすが映画に根付いた国でござる。
映画の成功を祈ってる、と税関のおじさんに言われ。
いざ!

VOL.3086

2016.11.30  |

志村様

“だいじょうぶだぁ”にMr.M釘付けです。
ドリフ世代なので、よく昔の母ちゃんシリーズとかヒゲダンスとか見せると、たちまち志村さんに夢中です。
カトちゃんケンちゃんの歌舞伎シリーズも好きですし。
“だいじょうぶだぁ”になってからは、変なおじさんやひとみ婆さんも心の底からコロコロと笑っています。
私的には柄本さんとのシリーズが一番好きなのですが。
笑いの神様です。勉強になります。
今回は加藤茶さんも出られてて。
なんというかお二人の微妙な関係が素敵でした。

VOL.3085

2016.11.28  |

昔のまま

なんか私すごく嬉しかったです。たかちゃんはやっぱりたかちゃんだった。好奇心の
塊の人です。この方。小さい頃から見て来たからかなぁ。弟と共に。やはり未来の團
菊に期待してしまいます。
リリーさーん早く台本くださーい。

VOL.3084

2016.11.25  |

さーて

肉声初日です。一人芝居がなんで嫌かわかった。孤独だからだ。やっぱり私は人と関わっていたいのだ。でも、やります。ベストは尽くします。やるからには。でも、最初で最後かなぁ。
 

VOL.3083

2016.11.24  |

いよいよ初日が

肉声の初日の幕が明日開きます。どうなることやら。初の試みです。

VOL.3082

2016.11.24  |

裏切りの街

ナイトショーに三浦監督とトーク。久々の再会です。また、なんかやりましょう。

VOL.3081

2016.11.21  |

祝誕生日

久々に家族全員集まって母さんの誕生会。うん10年ぶりのケーキカット。
Mr.Mと二人でいる時"ばあば幾つになったの?″"ん?〇〇歳だよ"というとふと考えてから"ばあば、結構歳だねぇ"って。なんか、その言い方が。思わず笑ってしまいました。
まだまだまだまだ現役バリバリのワーキングマザーでいて下さい。尊敬しています。娘より

VOL.3080

2016.11.19  |

マンマルイーザステーブル

久々に。やっぱりいつ食べてもピエトロのレシピは最高です。

VOL.3079

2016.11.18  |

三代目の

ジョシュア サンダース。
なんか気分が上がります。このポンポンすぐ取れちゃいそうだけど。履き心地はやっぱり好きなんです私。

VOL.3078

2016.11.14  |

困憊

映画の撮影もしばしお休みなので。久々のファミリーディナー。
杉本博司さんとのコラボレーション。「肉声」の稽古に入ります。アーティストとのコラボレーションは初めてなので、はてさてどうなりますことか。

VOL.3077

2016.11.09  |

あまりに美味しいので

ボトルで取り寄せることにしました。

VOL.3076

2016.11.07  |

また一人

私の恩人がこの世を去ってしまいました。荒戸さん。貴方が私の夢であった映画の世界に引きずり込んでくださいました。あの、ニヤッとはにかんだいたずらっぽい笑顔が忘れられません。
やすらかなお顔でした。荒戸チルドレンの方達が悲しみながら笑い合ってお酒を飲み。
大西君や大楠さん、「赤目四十八瀧心中未遂」に関わったたくさんの人が集まり語らいました。蜷川さんに若松監督、荒戸さん。偉大な恩人がこの世を去るたびに身が引き締まる。もう、いないんだ、私も今やっている仕事を精一杯歯を食いしばって頑張ろう。偉大な方達に関わることができたキャリアをフルに活かして。また、撮影に臨もう。私が今できるのは、それだけだ。荒戸さん、有難うございました。今一度だけ、笑い合いたかった。合掌。

VOL.3075

2016.11.02  |

富士

今日から映画のクランクインです。ベランダから富士山を見て。こいつぁー冬から縁起がいぃわえ。
気合い入れすぎず頑張りまーす。
 

VOL.3074

2016.11.01  |

六段目

国立劇場の舞台稽古を見に行って来ました。「仮名手本忠臣蔵 六段目 勘平切腹の場」。何度見てもやりきれない。というか、もう少し早く分かっていれば、という心苦しい話。
食い入るように見ていたMr.M。帰りに今日のお芝居どうだった?と聞くと、"ひーまがイノシシ撃てなかったから最後お腹切っちゃったんだねー"って。だいぶ、かいつまんでいますがまあ、間違ってもいないという、なんとも返事し難い感想。"ひーま、イノシシ撃つの遅かったよねー"って今も私の横で言ってます。面白いなぁ 、子供の純粋な感想って。

こちらは自動翻訳機能となりますので、翻訳が不十分な場合もございます。予めご了承ください。

Archives
Link
  • トップコートグループ
  • アプティパ