VOL.2095

2014.06.29  |

PK

PKはいやだなぁ。
誰かが悪者になっちゃうから、必ず。
日本は駒野選手が記憶に新しいですよね。
チリはよくやりましたが、あのエースが止められた時点で勝負あったかなと思いました。
チリも勝たせてあげたかったけど、ブラジルがここで負けるわけにはいきません。
フッキ選手が最後まで決めきれなかったからかわいそうだったけど、
そんなことお構いなしにエースは決めなきゃなんないんです。
試合後のネイマールの涙、PK前に感極まるゴールキーパー、試合後に祈りを捧げる選手たち。
ブラジル選手が背負っているものは計り知れないほど重い責任なのでしょう。
でも次はコロンビア。イケメンエース対決はどちらが制するのでしょうか。
一度でいいからコロンビアの選手とあの踊り踊ってみたいなぁ。楽しそう。
母乳をあげていた当時の夜中の授乳で朦朧としている感じに似てるなぁ。
夜中のサッカー観戦。
PKになっちゃったら四時ですからねぇ。
でも楽しいからいいや。

VOL.2094

2014.06.29  |

明け方のPK

面白すぎて眠れないじゃない!
あと何時間かでMr.Mは起きちゃうし。
でも、凄すぎる。命懸け。悲壮感漂う。
世界のサッカーはこういうことなんだなぁ。

VOL.2093

2014.06.27  |

ファン

久々に化粧をしていないトントン和に遭遇したMr.M。
うちでは「トントンカズゥ」を連発しているのに、
いざ会うと下を向いてモジモジ。かと思うと見上げて様子を背後から伺う。
何かファン?みたいな態度。
舞台上では女で普段は男だから困惑してるのかなぁ。
面白いわぁ。

VOL.2092

2014.06.27  |

サッカー

今さらスアレスを罰したって遅いよ。
あの時退場だったらイタリアが活性化して、違った結果になってたかもしれないのに~。
アジア勢は本当にダメでしたね。
今の4枠から4年後は3枠になるそうで。
でも敢えて高いハードルを作って、そこにたどり着いたときに
更に高みに登ることが出来るのでしょうね。
セルジオ越後さん本当にいいこと仰ってた。
やる側、見る側、サポートする側、全て合間って一緒に進んでいかなければならない。
日本の未来のサッカー文化に更なる発展がありますように。

VOL.2091

2014.06.25  |

惜敗

イタリア負けちゃったよ。もっと見ていたかったのになぁ。
ピルロの無駄のない美しいプレー。
やっぱり名選手は緩急が素晴らしい。間合いが素晴らしい。
役者もそうで御座います。無駄のない、効率のいい、そしてインパクトのある表現。
イタリアの選手があれで退場ならウルグアイのスアレスの噛みつきだって1発退場ですよ!
審判の目の前と視野外の違いだけ。
ビデオでははっきり映ってるのに!何だよ!
チームを代表するストライカーが目を盗んで噛んじゃダメよ。
マイク・タイソンじゃないんだから。
あ~あ~、この落胆にローランがいたら「お前はイタリア人か」って突っ込まれそうだけど。
とにかく残念。
やっぱりブラジルに近いところが勝ち進んでるということは、相当違った過酷な状況なんでしょうね。
イタリアのぶんもフランス頑張って頂戴。
いいなぁローラン。フランスでフランス戦が見れて。楽しそう。

VOL.2090

2014.06.24  |

レッドカード

メキシコもチリも監督の感情表現が物凄く派手ですよね。
選手よりもそっちを見てしまいます。
Mr.M、チリの監督を見て「ぼうじゅ、ぼうじゅ」って言ってます。
歌舞伎に出てくる坊主がお気に入りなのです。
家ではいいけど外ではNGワードだなぁ。
どうしよう。

VOL.2089

2014.06.24  |

亭主不在

一週間ほどMr.Mと二人きりな私。
実家に思いきり甘えてます。有り難い。
ローランがいないといつも以上にみんなが甘えてくるぅ。
Mr.Mも怒ったら恐い、おっきな人がいないから朝はぐずりまくり。
しかもサッカーに気をとられているのがわかってるから
わざと私が怒ることするし。
姫も捨ちゃんもムシムシするのにびた~とくっついてくるし、
捨は夜中見計らってベッドに潜り込んでくるし。
こんなに皆に愛されて嬉しいけど、
あのおっきな人のために皆、甘えるのをこんなにも我慢してるのかなぁ。

VOL.2088

2014.06.22  |

ザックジャパン

かなり厳しいザックジャパン。
最後の試合は勝ちたいという意思を見せて欲しいとか、
何とかゴールを決めてほしいとか、色々聞こえてきますが、
そんな気持ちは言うまでもなく、選手たちが重々自覚してるはず、
負けてもいいなんて思ってるわけないですからね。
でも、そこまでやらせて貰えないわけですから、
どんなにゴールしたい意思があっても。
日本は世界の歴史あるサッカー国に挑戦してる訳ですからね。
何度も言うようですが、やはり夢物語のような報道の仕方より、
現実的な現状を正しく報道する一部がなきゃいけないと思うんです。
あくまでも挑戦者という謙虚さをもって。
とにもかくにもラスト1試合。
何が起きるかどんな奇跡が待っているのか、
どんな無惨なことが待っているのか知るよしもありませんが、
ちゃんと見届けたいと思います。合掌。

VOL.2087

2014.06.21  |

フランス

勝ちましたぁー。
5点取ってまさかの大勝。
リーグ進出に極めて近くなりました。強い強い。
リベリがいない方がいいんじゃない?なんて言われかねませんね。
接触して目から流血したスイスの選手、大丈夫だったかなぁ~。
イタリアも行ってほしいなぁ。
でもウルグアイと対決。
4チームから2チームしか行けないのは過酷ですね。

VOL.2086

2014.06.20  |

これが世界

非国民と言われてしまいそうですが・・・
日本ダメでしたね。
素人目なんですが、前の方が強かったと感じるんですけど。
何か噛み合ってないというか。
10人相手に1点も取れないって、これはもうどうしようもないというか。
ひとつ前のウルグアイとイングランドの試合がかなり面白かったし、
これが世界だと感じてしまいました。日本て何だろう。
酷くプレッシャーをかけすぎてしまうんじゃないでしょうか。報道を含めて。
そして勝てる、勝てるって言い過ぎるんじゃないでしょうか。
今日も一日どんよりだなぁ。
明日はフランスを応援しなきゃ。

VOL.2085

2014.06.19  |

まさかまさかの

スペイン敗退・・。
ワールドチャンピオンの次のワールドカップは
リーグ敗退するジンクスがあるのだろうか。
フランスもワールドカップ優勝の次のカップはリーグ敗退でしたしね。
それを思うとブラジルは連覇もしているわけで、
やはりサッカー王国と言われるのは納得です。
ディエゴ・コスタがブラジル人にもスペイン人にも嫌われたら可哀想だなぁ。
醜態を晒してしまったのはカメルーン。
試合前から選手が金銭を要求し、ストを起こしたり、
問題があったけど試合中は正々堂々戦いましょうよ。
殴って一発退場にはなるわ、仲間同士でつかみ合うわ、
試合後も選手のバラバラ感を感じました。
恥ずかしい。
さあ、ギリシャ戦。頑張ってほしいですね日本。
たかがワールドカップ、されどワールドカップ。
寝不足で死にそうですが、楽しい!

VOL.2084

2014.06.19  |

生きていくすべ

クッキーを食べるたびにすてに狙われるMr.M.
生きていく2.JPG
やっと良い場所見つけました。
生きていく.JPG

VOL.2083

2014.06.18  |

朝から

白熱した試合見ちゃいました。
両者知り尽くしているブラジルとメキシコ。
0対0なのにこんな面白い試合を見たのは初めてです。
最終的にはキーパー対決のようになってきて。
前回の試合から髪の色を変えたネイマール。
地元だからいつでも美容室に行けるのはいいですねぇ。
ローランのベルギーの友達が、日本に来て500円カットっていうところに入って
酷い髪型になってたなぁ~。本人は笑ってたけど。
いわゆる新派などで男性が被ってる散切り頭的な。
ヨーロピアンの角刈り。
今でも笑い話です。

VOL.2082

2014.06.18  |

スープ

ローランもMr.Mも具合が悪いので、今日は野菜スープ。
スープ.JPG
サッカーを見ながら。いいね。

VOL.2081

2014.06.16  |

フランス勝ったぁ

嬉~。ローラン朝からご機嫌と思いきや、
相手チームが一人退場してるのに3-0はだめだって。
きびし~。いいじゃん勝ちは勝ちなんだから。

VOL.2080

2014.06.15  |

日本代表

あ~あ~、負けちゃったぁ。
ドログバが入る前にもう一点欲しかったなぁ。
体格は鋼のよう。やはり世界は強いんだよ。
最後まで応援しますよ、勿論。
でもひとつ前のイタリア対イングランドを見たら何か
違うスポーツしてるように見えるのは私だけでしょうか?
面白い試合だったなぁ~。

VOL.2079

2014.06.15  |

緊張してきた

緊張.JPG

緊張2.JPG


VOL.2078

2014.06.14  |

ジャッジ

西村主審のPKジャッジが世界中で物議を醸しておりますが、どうなんでしょう。
あれは、本当は倒されたのか倒れたのか。
でも演技力も身体能力の賜物だと私は思うのですが。
人が人をジャッジしているわけですから、それぞれ見方が違うのは当たり前。
それも含めてサッカーな気がします。
どうしたって人間ですから。
プロレスだってそうでしょう。見てる人が本当にやってるように見せるわけですから。
だからってプロテクトしてるわけじゃないから、筋肉をつけたりして身体張ってるわけじゃないですか。
騙すのも楽じゃありませんよ、身体張ってますよ。
ただ、クロアチアにとっては憎い存在になってしまうんだろうなぁ。
でも、かと言ってファウルを全てビデオ判定したら・・・ねぇ。

VOL.2077

2014.06.14  |

W杯

何だかスペイン可哀想だったな。
ブラジル出身でスペイン国籍を取り、スペイン代表となったディエゴ・コスタ選手。
金銭的なことや、色々な臆測があるようですが、
彼にボールがわたると会場から容赦のないブーイング。
何だか冒頭から変な空気の中で試合が開始。
開催国がブラジルなのにスペイン代表で出るということはどんなことになるのか、
当然わかっていた結果でしょうけどねぇ。
負けた理由はそれではないけど、何だか変な空気に押し潰された感じでした。
私は個人的にはビジャ選手が見たかったんだけどなぁ。
兎に角、一時リーグ敗退の気配も漂うスペイン。
どうなってしまうんだろう。
本当にもう賞味期限切れのチームになってしまったんだろうか。
愛国心が強いサッカー国は大変ですね。
フランスのジダン選手の息子もスペインと揺れる中、結局フランスを選びましたからね。
歴史を作ったフランスのLEGEND、ジズーの息子が母親がスペイン人だからという理由で
スペインに行くことは大変なことになるのでしょうかね。
結果フランスでも、今はスペインに行ってもいい気がしますが。
さあ、明日はいよいよジャポン出陣。

VOL.2076

2014.06.14  |

picnic

快晴のもと、新宿御苑にピクニックに行ってきましたぁ。
ピクニック2.jpg
ミミズを手掴みしたり、雀を追いかけ激走したり、
泥まみれになったり、とっても楽しそう。
相変わらずパンツとオムツを脱ぎたがるMr.M.
裸族出来る期間も限られてるからね。
レディの前だからオムツだけでもしましょ。
ピクニック.jpg
私、恥ずかしながら初御苑で御座います。
気持ちよかったぁ。
ピクニック3.jpg

VOL.2075

2014.06.14  |

イメチェン

母ちゃん、ちょっと前髪切りすぎじゃない?
前髪3.JPG
桃太郎さん何か下さいな。お伴いたしやす。
前髪2.JPG
倉田さんに髪を切ってもらいに。
一時間半スタッフの皆さんに遊んでいただきました。
カーラーやタイマー、ブラシにドライヤー。
前髪.JPG
興味津々。

VOL.2074

2014.06.13  |

ねいま~る

やはり、、、ネイマール!
張り切ってセレモニーから見ちゃいましたよ。
印象としてはクロアチアが強いなというイメージ。
キーパーに運が付いてなかったけど、常に優勢に立っていました。
でも勝ってしまうのがブラジル、それがサッカーというスポーツなんでしょうか。
ゴールしたもん勝ち。
我が国を背負ってのワールドカップですから、弱いチームなんてありませんよね。
その中に日本がいるわけですから素晴らしいです。
一ヶ月眠れない日々が続きます。
被害を被りそうなのはMr.M。
暫く朝の歌舞伎鑑賞はお預け。かな。
主審を務めた西村さん。イエローカードを出すのも命がけですよね。
一旦逃げてからカード出しても、あんな大きな選手に何人も攻められたら怖いだろうなぁ。

VOL.2073

2014.06.12  |

インターネット世代

インターネットが普及すると共に、同じものを手軽に何回も見ることが出来る世の中。
テレビを見て、気に入ったものがあるとアンコールを要求するMr.M。
「もう終わったんだよ」と言っても、理解できない。
ラジオの世代があって、テレビの世代があって、
ビデオの世代があって、そしてインターネット世代。
便利すぎると、怖い。
一回の有り難みをきっと感じなくなるんだろうなぁ。

VOL.2072

2014.06.12  |

分解

「ママ、痛いねっ、ねっ。」(最近なぜか"ね"を二回言う)
これ、いつも「ママ!」って言ってるから、何か怖いよ。
解体.JPG
分解しないでよぉ~

VOL.2071

2014.06.11  |

"ちゃん"付け

最近、何でも"ちゃん"を付けるようになったMr.M.
ちゃん.JPG
さかなちゃん、豚ちゃん、ありちゃん、
ば~ばちゃん、ひ~まちゃん、ぴーまんちゃん。
一昔前のセカンドバック、肩掛けセーターのプロデューサー的な感じ。

VOL.2070

2014.06.11  |

Andaz

昨日はANDAZのオープニングに行ってきました。
andaz.JPG
虎ノ門は、新な名所になりますねぇ。
素晴らしい作り。そして最高に美味しい料理。
フォアグラ、生ハム、サーモン、チーズ、ガスパチョなどなど。
いや~、美味しかった。
広大なオープンテラスも東京が一望でき、梅雨が開けたら気持ちよくなること受け合い。
ホテルのお部屋も見せて頂きました。
スイートルーム最高!口をあんぐりして見てました。
毛利庭園や原美術館など、ジャンミッシェルの作品はありますが、
このANDAZにも彼の作品が。久々の再会です。
2年越しのプランで今ヴェルサイユ宮殿に作品を作っているそうです。
8月にフランス行く時に見せてくれるそうです。
楽しみ。

VOL.2069

2014.06.09  |

Mr.M

SOUSOUの新しい甚平さん。
新しい.JPG
ひ~まの椅子で「紅葉狩」を見いるMr.M
椅子.JPG

VOL.2068

2014.06.08  |

ボーダー

ちまたはボーダー大流行。
私も持ってたなぁ、高校時代アニエスb.。
どこを見てもシマシマですよ。レストランも街中も。
注目して見てるから余計そう思うのかなぁ

VOL.2067

2014.06.08  |

映画ってやっぱりいいものですね

久々にSABU監督のMONDAYを見ました。
やっぱり傑作だわぁ。面白い映画は時が経ってもまだ面白い。

去年の東京国際映画祭スプラッシュ部門で
作品賞を受賞した「FORMA」という映画。
ヌーベルバーグのような映画で、初めはなんだかよくわからなかったけど、
見終わったあとに何日間も憑りつかれてしまった。
こんな長回しするんだぁ~。
相米慎二監督、廣木監督、小林政弘監督、若松監督。
シベ超での水野監督。
長回しする監督、だ~い好き。
一度お会いしましたが、あんなどろどろしたものを撮るとは思えない
若い可愛らしい女性の監督。
8月16日からユーロスペースで上映するそうなので、
活力のあるときに是非見てみてくださいませ。
坂本あゆみ監督、いつか一緒にお仕事しましょう。

VOL.2066

2014.06.07  |

リベリ

欠場決定。一気にローランのいやフランス人のワールドカップ杯熱は下がるのでした。
絶対的エースですからねぇ。
ジョコビッチにナダルの決勝も目が離せません。

VOL.2065

2014.06.06  |

久々に

樫木さんにトレーニングしてもらいました。
いや~子育てでぶれぶれになってる私のからだ。
軸がどこにあるかもわからなくなっていましたが、
たった一時間のトレーニングでビシッと体に軸を感じました。凄いわぁ~。

denny roseのド派手なスエット買っちゃった。大阪のおばちゃん的な感じ?
おばちゃん.JPG

VOL.2064

2014.06.06  |

おっさん!?

久々にうちのワンコロを見た友達のまっこに
「 ひめ~白髪増えたね~」と言われ「すてはおっさんの顔になってきたね~」って。
おっさんになったって。なんか笑えた。
私はずっと一緒だから、いつまでも赤ちゃんみたいだけど。
そ~か~、すてちゃんも八歳。
おっさんちゃーおっさんだね。
おっさん.JPG

VOL.2063

2014.06.06  |

大好き

初めはおとなしく見てたのに
14.jpg
その内に大好きすぎて
13.jpg
こんなんなっちゃいました。
12.jpg
ごめんね。

梅雨ですね。夏は目の前です。

VOL.2062

2014.06.02  |

原美術館

歌舞伎のあとは美術館。
原美術2.JPG
原美術館でエンジョイ!
原美術.JPG

VOL.2061

2014.06.02  |

NHKスペシャル

毎回興味深い題材を取り上げているので見ています。
昨日はネイマールの身体能力について。
はぁ~、素敵。世界一好きな顔。
W杯はビックリするようなプレーを見せていただきたい!

VOL.2060

2014.06.02  |

今年もジンベエさんの季節がやってきました

甚平.JPG

VOL.2059

2014.06.01  |

無双

歌舞伎座初日でございます。
無双の着物。
無双.JPG
6月と9月しか着れない着物なので、
着られる機会に着ておかないと。
今日はMr.Mをローランが見てくれたので、一人でジックリ鑑賞です。
父の実盛。品と華と情とユーモアを兼ね備えた、素敵な実盛でした。
しかし、歌舞伎って子供に毒味をさせたり、首を切らせたり、
大人は普通に見ていますが残酷な話がたくさんあります。
子役の子は大変上手にやってましたが、教える方はどうやって教えるんだろう。そっちの方が責任重大ですよね。
教えるってその親の価値観を伝えるってことだよなぁ。
大きくなったらその選択は自分で出来るけど、
まず初めに教えるのは親だろうし。
最近、何でも「これは?」と指を指して聞くMr.M
全てに答えるべく、リベロのようです。
書くのは難しいんですけどね。かなり細かいことまで答えているのです。

VOL.2058

2014.06.01  |

集中

歌舞伎座に舞台稽古を観に行きました。
父の「実盛物語」と松緑さんの「蘭平物狂」。
舞台装置に興味津々のMr.M.
お芝居が始まる前は、一番前を一人で陣取り、
座りながらずっと見ていました。
大道具さんに興味があるようです。
実盛は最後に馬に乗るので、Mr.M大興奮。
早速朝から馬に乗ってます。
集中.JPG
ビックリしたのが蘭平。
最後の派手な立ち回りがあるので、そこを見るかと思いきや
初めの40分を見ていました。これにはびっくり。
集中する時間が見るたびに長くなっています。
昨日、車の中でぐずるMr.Mに母が
「我慢するの。我慢しないと歌舞伎役者にはなれないよ」って。
いやいや、Mr.Mまだ一歳半ですから。そんなこと無理ですから。と思いきや、
そこから静かになった!
親が出来ないと判断してはいけないんだな。
出来る出来ないは別として、まず話してやらせてみると
意外と出来ること、わかることは山ほどあるのかもしれない。
子供力をなめてはいけませんね。

こちらは自動翻訳機能となりますので、翻訳が不十分な場合もございます。予めご了承ください。

Archives
Link
  • トップコートグループ
  • アプティパ