VOL.493

2011.05.01  |

2011.5.30 あれぇ?

恵比寿のTSUTAYAでビデオレンタル。
ここのところ、かなりの割合で行っている。
たまに行くといっぱい借りるものがあるんだけど
一週間おきに行くと、さすがのTSUTAYAさんも
あんまり景色が変わらない。
"13人の刺客"の横に"スキヤキウエスタンジャンゴ"があったので手に取りました。
全編英語の映画です。
伊勢谷くんと佳乃ちゃんは流石!
ネイティブな発音が素晴らしかったです。
伊勢谷くんは抜群にかっこよかったなぁ。
あんな汚れた佳乃ちゃんも初めて観たし。
他にも、総々たるメンバーが出演されてるのですが
私的には、村長の石橋蓮司さん(蓮司さんだけなぜか英語をしゃべらずいつも通訳が代わりに喋る)、
塩見三省さんはツボにはまりました。
三池さんの映画いつか出てみたいなぁ。

ぶらぶら歩いていると、一角に"廣木隆一特集"が。
あれぇ?"ウ゛ァイウ゛レータ""やわらかい生活"が入ってなぁーい。
何で?
有り難いことに作って頂いている"寺島しのぶコーナー"には、その二本はあったのですが。
廣木さんともそろそろちゃんとやらねばなりません。

VOL.492

2011.05.01  |

2011.5.30 cinema

フランス映画"隠された日記" と邦画の"十三人の刺客"を観ました。
フランス映画の持つ空気感が好きです。
いい映画でした。
また、それとはうって変わって三池監督の映画。
時代劇に、独特の三池さんの世界観が加わってグロかったです。
"血は立ったまま〜"の舞台で一緒だった茂手木ちゃんが凄いことになってるし、
吹石一恵ちゃんもムラムラな白塗りで誰だか初めわかんなかったし、
稲垣さんに最悪の悪人をやらせちゃうとこも
なんだかひっくるめてやられました。
あれ、稲垣さんだから許されるというか。
一徳さんもいつものように私のツボを刺激してくれたし。
週末の朝からにしては、パンチの聞いた映画を観ちゃいました。

VOL.491

2011.05.01  |

2011.5.24 気になるおじさん

同じマンションに住むあるおじさんが気になっている。
こんなにいっぱい人が住んでるのに
住んでいる方に日中もそんなに出くわすことがない。
でもそのおじさんだけは、一日少なくても三回、
最高記録は一日八回遇った。
自分が生活してる中でよく会うなーって人いません?

その他に、S芸術劇場のWさん
(舞台を観に行くと必ずといっていいほど遇う)、
SカンパニーのHさん
(仕事現場にいるとすごい確率で遇う)かな。

でも、このおじさんの場合は訳が違う。
前世でなんか結ばれてたんじゃないかと思ってしまう。
八回の時なんて、行くとこ行くとこで遇って、気味が悪くなった。
向こうも気味悪がってると思う、絶対。
同じ地域で何回も遇うのはわからなくもない。
でも朝公園で遇って、夕方恵比寿のTSUTAYAで遇って
渋谷を歩いてたら見かけて、
夜レストラン行ったらおじさん夫妻が隣に座ってて、
家に帰ってポストに行ったら、そのおじさんもポストのもの取ってて。
ありえます?こんなのって。
ちょい怖いんですけど。

VOL.490

2011.05.01  |

2011.5.23 おかめ

久々に代々木上原の『おかめ』へ。
おでん美味しい。
私は豆腐が一番のおすすめ。
今日は寒かったし、
おかめの親父さんも久々だったし、嬉しかった。

VOL.489

2011.05.01  |

2011.5.22 すてすけロール

d1.jpg

VOL.488

2011.05.01  |

2011.5.22 追放

カンヌ映画祭でコンペティションに選ばれている
監督のラースフォントリアーが記者会見で
"I love ヒットラー"と発言し、映画祭を追放になりました。
「ダンサーインザダーク」、「アンチクライスト」、
「ドッグビル」の監督です。
映画の評判は上々なため、パルムドールはどうなるのでしょう。
テレンスマリックと
私の愛すべきカオルスマキと
この三人の争いになりそうです。
私的にはカオルスマキ様がいいなぁ。
彼の映画に出ることが私の夢でもあるのです。

VOL.487

2011.05.01  |

2011.5.21 thank you shizu&david

昨日は久々にデビとしずちゃん家に行って、ご飯会。
しずちゃんの料理は毎回美味しい。
デビチャン腰痛が回復の兆し。
さいくんもおっきくなってた。
P夫妻もMちゃんと一緒に美味しいデザートを持ってやって来て、
いろんな近況を話しました。
今回の震災で国際結婚した夫婦の意見が食い違い、
離婚したカップルがかなりいたそうです。
皆、それぞれにそれぞれの考え方があり、価値観があり。
でも皆一様に言っていたのは、
自分達が決めた結果を、
周りにどうこう言われたくないということでした。
今でも外国人が日本に対してどう思っているか
個々の考えがあります。
でもそれを人に押し付けるのはちょっと違うと言うか。
私達夫婦はどういう形であれ
意見がぶれなかったから良かったねと言うことと
今回の事で旦那を見直したという意見に落ち着いたのでした。
Mちゃんはそんな私たちのディスカッションの間
さいくんの面倒見てあげててちょー可愛い。
さいくんもMちゃんの真似ばっかりしてて。
自分の子じゃないのにばんばん写真撮りまくってる私なのでした。
楽しかった。
デビ、しずちゃんありがとね。

d2.jpg

d3.jpg

d4.jpg

VOL.486

2011.05.01  |

2011.5.20 フランス観光親善大使任命式

昨日はフランス観光親善大使の任命式に行ってきました。
フランスの素敵なところを紹介すると共に
私がフランスに赴き、日本の魅力を伝えることも
私の重要な役割だと思っています。
過度な報道がフランスで続いた為、日本への風評被害は大きくなりました。
ちゃんとした情報を海外に通信すること
そしてちゃんと理解してもらうこと。
これからの日本の課題だと思っています。 

VOL.485

2011.05.01  |

2011.5.19 みんなのてのはなし

ローランがwatermanとコラボしている企画です。
皆さんも気軽に参加できます。
ご協力くださいませ。

VOL.484

2011.05.01  |

2011.5.18 追悼 児玉清様

龍馬伝で児玉さんとは親子をやらせていただいたので
長い時間をご一緒させて頂きました。
長い待ち時間の中、フランスの話で盛り上がり
本当に楽しかったです。
包み込むようなお人柄。
一生忘れません。

昼の番組を見ていると児玉さんをよく知る篠沢英夫さんが。
でもその篠沢さんも病床に。
その姿に児玉さんの訃報をどう思うか聞いている映像を
私は撮す必要がないと思った。
個人的な意見をいうと
大島渚さんや南田洋子さんのドキュメンタリーを最近たまたま観たのだが、
私は、観たくない方だった。
大島さんも南田さんも意識が定かでない中で
本音はどう思っていらっしゃったのだろう。
若松監督も大島さんのドキュメントは見たくなかったとおっしゃっていた。
母も南田洋子さんの姿は撮すべきじゃないと言っていた。
報道は自由だけど、こういう人もいるということを分かっていただきたい。

VOL.483

2011.05.01  |

2011.5.18 移り変わり

広尾商店街から地球健康家族がなくなっちゃう。
足つぼもなくなったとき残念だと思ったけど
健康家族がなくなっちゃうのはかなり残念。
美味しいお総菜を買えて便利だったのにぃ。
この商店街も目まぐるしく変わる。
変わらないのは、昔っからあるお茶屋さんくらいじゃないの?
ちっちゃいとき、お茶を煎ってる機械見るの好きだったなぁ。
あー、魚屋さんもあるか。
あっ文房具屋さんも綺麗になったものの、変わってないけど。
よく行ってた鳥屋さんがなくなったのには驚いた。
おじさんが焼く焼き鳥、美味しかったのになぁ。
いつも"しのぶちゃん"って声かけてくれて。
どこ行っちゃったんだろう。
おじさんたち。
もちろん、新しくて素敵なお店や美味しいお店も出来ました。
でも自分のお気に入りがなくなっちゃうのは悲しいなぁ。
まわるぅまーわるーよ 時代はまわるぅー。 

VOL.482

2011.05.01  |

2011.5.18 やぶへび

本の帯にもあったように
まさにジェットコースター小説でした。
おもろかったし、どきどきした。

VOL.481

2011.05.01  |

2011.5.18 my favorites

最近のお気に入り。
いぶし銀は断然塩味が美味しい。
山形名産"だしっ"は毎朝ご飯と一緒に。
d5.jpg

d6.jpg


VOL.480

2011.05.01  |

2011.5.17 ローランの見解

フランスのIMFトップのストロスカーンが性的暴行で逮捕された。
フランスは今やこの事件で持ちきり。
なんたって次期大統領候補だったのですから。
でもローランは何か過度の報道に疑わしいものがあるという。
ここまで何もかもが表沙汰になるのは
かなり政治的な裏があるという。
ローランは絶対すぐには信じない。
そしてその情報が正しいのか
ありとあらゆることを色々な方向から調べる。
今度の震災後の放射能のことに関しても
周りには絶対的に日本の政府に不信感を持って、国内を出ていったフランス人がいっぱいいた。
でもそこでもローランはいろんな話を聞き、
調べ、残ることを判断した。
兎に角、一辺倒な情報は絶対に信じないし、まずは疑ってかかる。
先日も一方向の見解しかとられていない、
「ザ・コーブ」という映画を大批判した。
そんなローランと一緒にいると疲れるけど
知ることもいっぱいある。
私も結構純粋にすぐ信じる方だけど
鵜呑みにして、信じることは物凄く危険なことだということも習った。
兎に角、自分が納得するまで調べる。
それが正しかろうがなかろうが。

VOL.479

2011.05.01  |

2011.5.15 富士山フェチ

帰りの新幹線の中。
i padのゲームばっかりやってて、全然相手にしてくんなかったのに
"あっ富士山だ!"って言ったら、さっきから富士山をひたすらiphoneで連写中。
ビデオまで撮ってるし。
ローランは富士山見ると
いつでも異様にテンションが上がる。
富士山一番ipad二番、三番iphoneで、
わたいは、どないやねん!
d7.jpg

d8.jpg


VOL.478

2011.05.01  |

2011.5.15 團菊祭

松竹座へ観に行ってきました。
とおさんの弁天小僧に弟の鏡獅子。
どちらも最高でございました。
やっぱりとおさんの弁天小僧は特別だな。
ちっちゃい時から観てるけど毎回ワクワクする。
かずの鏡獅子は以前観たときより、格段の差がありびっくりした。
同じ演目をその時の年代、その時の技術で続けて行く芸の道。
終演後はsteady studyの瑞代さんと尾上青楓さんと
かずとローランと私でご飯会。
そして二次会のバーまで心地よい会合でした。
大阪松竹座におこしやす。 

VOL.477

2011.05.01  |

2011.5.13 waterwan

新しい葉っぱが次々に芽を出し、
何だかけなげで可愛らしい。

今日はローランさんがwatermanとコラボした作品に参加しました。
今月の18日から24日まで、新宿高島屋2Fにて開催されます。
タイトルは"みんなの手のはなし"。
18日は私が第一ページ目を飾ります。
次に書く方は私の最後の文章のセンテンスしか見ることが出来ず、
最後の文章に続けて、新しく文章を作っていただきます。
それを何ページも違う方に書いていただき
一冊の本にする試みです。
皆さん是非、新宿高島屋に足をお運びください。
どなたでも参加できます。
minnanotenohanashi.comのホームページでも
皆さんが自由に参加できるようになっています。
素敵な本になりますように。

d9.jpg

d10.jpg

VOL.476

2011.05.01  |

2011.5.13 一日ドック

四年ぶりの人間ドッグ。
ローランと行ってきました。
体重は四年前と変わらず、身長は何と0、5mm伸びてるし。
胃カメラは何回やっても気持ち悪い。
でもお陰さまで四年前よりいい体でした。
健康でいられることに感謝。

VOL.475

2011.05.01  |

2011.5.12 追悼コンサート

昨日はBunkamuraオーチャードホールに
井上ひさしさんの追悼コンサートを観に行ってきました。
小曽根真さん率いる井上さんにゆかりのある役者さんたちが
舞台で歌われてた歌を歌いました。
辻萬長さん、木場勝己さん、神野美鈴さんに大竹しのぶさん、井上芳雄さん。
小曽根さんも一部がジャズで、二部がクラシックという取り合わせを
見事に熱のあるパフォーマンスで見せつけ、圧倒されました。
お客さんは超満員。
井上ひさしファンは数限りなくいらっしゃることを見せつけられたのでした。
どの歌の歌詞も、心に突き刺さるものでした。


VOL.474

2011.05.01  |

2011.5.11 彼女の消えた浜辺

2009年に銀熊賞(監督賞)を取った
イラン映画"彼女が消えた浜辺"を観ました。
人間の中身を映した秀作でした。
普通の日常に起こりそうなことを映像化する。
今の日本では何かを起こしたり、ケレン味の映画じゃないと流行らない。
でも昔の日本の映画は、小津さんにしたって
日常の、ある切り口から見た素晴らしい人間を描いた作品があるじゃないか。
何でだ?
自分も次に映画で何が出来るだろうと、今本を読み漁ってる。
でもそう言いながら、私自身も
「これじゃあ何にもなさ過ぎて、映画としては成立しないな」
とか思ってしまっていたりする。
そんな私をこの映画は嘲笑った。
ソフィアコッポラの「somewhere」を観たときもそうだった。
人間を写し出した映画の方が地味だけど、絶対的な底力がある。
そんな映画に出たい。

VOL.473

2011.05.01  |

2011.5.9 美白合戦

昨日は母の日だったので、西麻布のキャンティで
母さんとローランと私の三人でご飯をしました。
私たちからのプレゼントは、ローズギャラリーのバラと
イッセイミヤケのジャケット。
似合っていてよかったです。

今日は朝から森動物病院に行って、フィラリアの薬と
捨ちゃんのヘルニア再発防止のため、レーザーをしに行きました。
温かくて気持ちいいのか、診察台に乗ったすてこさんは
半目になって船漕いでます。
と、森先生が『親子で最近美白合戦やってますね』って。
CMで母さんはサントリー、私はDHC、
弟はドモホルンリンクルのナレーションをやっているからでしょう。
そんなたわいもない話をしながら、捨てちゃんを見守る私なのでした。

さて青山と表参道のアニエスbのウィンドウが変わります。
ローランが手掛けています。
見てみてください。

VOL.472

2011.05.01  |

2011.5.8 読書

西加奈子さんの『円卓』を読みました。
可愛らしい、ほっこりとした気分になりました。
いつの時代も子供の心は純粋で、ビー玉のように透き通って何もかも見えて。
童心を忘れないように、この本は大切に本棚にしまいます。
今は、又真逆の大人の羞恥心や嫉妬心やコンプレックスなど
こわーい部分を描いた『モンスター』を読んでいます。
昔『グロテスク』、最近では『告白』を読んだときと同じくらいショッキングな内容で
気付けば一日で読破の勢いです。
前のコラムにも書きましたが、美しく生まれてくると
生涯で何千万の利益があるらしいですよ。
なんか、いやなはなし。

VOL.471

2011.05.01  |

2011.5.7 勉強

森戸海岸近くにある『ottimo』のイタリアンは美味しい。
五月は鬼のように勉強するぞ!
フランス語、本、映画。
未来の日本のために!

VOL.470

2011.05.01  |

2011.5.10 夢のデェーカップ

先月の芝居でニキロ痩せて、体のライン的にはいい感じなのですが、
やはり体重と年齢と共に落ちてくるのは、おっぱいとおしり。
おしりはトレーニングでなんとかなりますが、
おっぱいはどーも。
せめて胸筋を鍛えるくらいなもので。
美しい胸に憧れるのは、世の女性の常。
私も例外なくその一人。

ぶらぶら歩いてると下着売り場に。
ブラが私を呼んでいた。
美しい胸に憧れつつも、今の今まで通販で下着を買っていた私。
ここは一つ、と入ってみた。
店員さんがすかさずやって来て、あれやこれや出してきた。
悩んでいると試着を進められ、人生初のブラ試着。
しばらくして店員さんが試着室入ってきて
"では失礼します"って言うやいなや、
私のありったけの肉をブラに詰め込んだ。
何て無防備な私。されるがまま。
男の人は下着を試着しなくていいからいいなぁ。
試着しないといけない男性下着ってあんのかな。
と、バカなことを考えつつ。
"お客様だとDカップですね!"っと店員さん。
耳を疑った。
今まで生きてきた中で、
そのアルファベットは聞いたことがなかった。
"本当ですか?"って聞くのもなんだし、
露骨に"嬉しいです"って言うのもなんだし、
にっこり笑ってから、"じゃあこれを"って、購入。
でもいつも試着する友達は、
『自分で着ると絶対同じに出来ないんだよね』って言ってたのを思い出した。
大丈夫か?私。
おまけに商売上手のお姉さんに、塗って寝るだけで美乳になるクリーム買わされたし。
まあ、出来るかどうか分からないけど
あの一瞬は夢を見られた気がした。 

VOL.469

2011.05.01  |

2011.5.5 日本を思う

七里ヶ浜駅前の『morimorh』という
スペイン料理屋さんのシーフードパエリア美味しかったです。
しらすがいっぱい乗っかってて。
そして我らが『suzukiya』さんの駐車場横にある
サンルイ島のタルトオポンムは
"これ私作ったの!"って言っても信じてもらえるほど
手作り感があって、味も優しいお味。

昨日はドイツ大使のウ゛ォルカーさんとメイファンさんと会合。
私が銀熊を頂いた時から交流させて頂いてます。
お二人ともものすごく気さくで、お会いするとホッとします。
震災以来お会いしてなかったので
もちろん話は震災の時のことやドイツの対応やフランスの対応、
そしてこれからの日本のことやボランティアのことなど
何が出来るかなどを話し合いました。
ローランの友達のマリオも、イタリアでなにかボランティアが出来ないかどうか
実行に向け、考えてくれているようです。
海外からの風評被害が強まる中、
このように日本のことを思って下さってる方達と何が出来るか。
そして今だけではなく、長い目でそれらを考えなければいけません。

VOL.468

2011.05.01  |

2011.5.4 再会

昨日は海の見える地で久々の再会。
今日子さん、杏ちゃん、三鈴さん、そして三鈴さんの旦那様・小曽根さんも。

私が料理を振る舞いました。
皆、役が抜けてすっかり違う顔になってる。
楽しい午後の時間でした。

話題はいつの間にかビンラディンの話になり、
ローランは生きて拘束し、裁判で追求していかなかったら
絶対又同じことになると強調。
私たちもその意見に同調したのでした。
ローランは基本、死刑反対派の人で
それはいつも私と長いディスカッションになるのですが
基本的に罪を償うために殺してしまうという行為は
安易で、ずっと生かして生涯罪を償わせることが
死刑よりもずっと重い刑だって言うんです。
私はどうだろう。
もし自分の子供が殺されたら。親が殺されたら。
どんな気持ちになるのだろう。
たとえ犬だって。
絶対許せない。

VOL.467

2011.05.01  |

2011.5.1 女子フィギュア

安藤選手やりましたね。
やっぱりだ。
エキシビションの演技も素敵でした。

昨日は若松組のクランクアップでした。
相変わらず、神業のような撮影で
二週間で撮ってしまったようです。
どんな出来上がりになるか、今から楽しみです。

また昨日は昼にフジテレビで放送された
『マキちゃんの老後』と言うドキュメンタリーを観ました。
性同一性障害の二人の結婚生活を追ったものでした。
男の性を持ったオカマのマキさんと
女の性を持ったオナベのジョンさん。
複雑な二人の生き方や老後の生活などを映しています。
狭い世界の二人ですが、力一杯喧嘩しあって、向かいあって
これからも是非二人の行く末を見届けたいと思いました。

こちらは自動翻訳機能となりますので、翻訳が不十分な場合もございます。予めご了承ください。

Archives
選択してください。
Link
  • トップコートグループ
  • アプティパ