VOL.199

2010.02.27  |

'10.02.27 銀熊

待望の銀熊ちゃんがやってきました。
感無量です。
舞台上で皆に祝われ最高でした。
窪塚くんだけは、銀熊にタッチしませんでした。
「貰うまで触らないって」
史上初の日本人男優、銀熊ゲットを宣言しました。
かっけーぞ!

1.jpg

VOL.198

2010.02.26  |

10.02.26 ニュース

とんでもないニュースをみました。
ブラジルで分娩中に、医者同士が取っ組み合いになり
赤ちゃんを窒息死させて、死産させてしまったというニュース。
ありえないでしょ、そんなこと。
あり得ないっていうか、親たちはどうしたらいいのでしょう。
腹立たしいし、やりきれない、どうしようもなく悲しいニュースでした。
児童虐待と、動物の悲しいニュースは本当にいや。
弱者を、しかも生んだ親が、飼い主がそんな目に遭わせるなんて。
許せない。絶対に。


VOL.197

2010.02.26  |

'10.02.26 フィギア

ノーコメント。
完全勝利に真央ちゃんは負けた。
世界二位だって凄いことなのに、
悔し泣きをしている真央ちゃんに私は泣いた。
負けを認める勇気、そこからのし上がっていく強さ。
それは負けなきゃわからないことだから。
劣等感は人を強くする。更なる飛躍にばんざーい!
そして安藤美姫さん鈴木明子さんも素晴らしかった。
やっぱり私、フィギア好き。


VOL.196

2010.02.26  |

'10.02.26 肉食系

ばこっ!どすっ!ばーん!女の格闘技。
アメリカ対カナダのアイスホッケーを見ています。
容赦なくゴールを巡ってぶつかり合う肉食系女子。
あの体格を見たら日本は絶対かないっこない。
そりゃー毎日肉ばっかり食べてんだもんなー。
基礎体力は、絶対的にかなわないんだよなー。
じゃあ日本がかなうスポーツって何だろう。やっぱりカーリング?


VOL.195

2010.02.26  |

'10.02.26 あー眠れない

何だか眠れない。
明日の真央ちゃんが気になってるから?
明後日、若松監督と大西君が銀熊ちゃんを持ってきてくれるから?
それとも千秋楽が間近だから?
うーん、今日は休肝日にしたかったのになー。
ルービーのもーっと。


VOL.194

2010.02.25  |

'10.02.25 舞台って

後、五回公演です。
12月の寒い時期に始まり、今やもう春の香りがしてきました。
思えば初めてみんなが稽古場に集まり、ちょっとずつ信頼を深めて初日を迎え、
今やどこにも負けない、最強のカンパニーになりました。
映像は瞬発力、舞台は持続力。
嫌な雰囲気になっても、兎に角続けなくてはいけないのです。
これまでの舞台で、色々な人間関係を学びました。
舞台とは、舞台上だけでない人と人との結びつき。素敵だ。


VOL.193

2010.02.24  |

'10.02.24 リベラシオン

友達のlaurentが、フランスでは日常紙の新聞「リベラシオン」に
私のことが載ってると送ってきてくれた。
映画も素晴らしく、寺島しのぶの芝居がamazingだと書いてあった。嬉しい。
昨日は家をお掃除してくれてる、フィリピン人のレスリーが電話してきて、
何か家で起きたかと心配したら「おめでとー。凄い凄い」って。
イタリアからは、友達のマリオとゆみこが、NYからはお世話になってる倉岡さんから、
フランスからはもちろんローランの多くの友達からお祝いメールをもらいました。
世界の賞ってやっぱり凄いんだなー。

2.jpg

VOL.192

2010.02.24  |

'10.02.24 美の決戦

始まりました。
真央ちゃん!素晴らしい演技でした。
トリプルアクセルばっちり決まったし。
しかし、キムヨナはその上をいってしまった。
女王の貫禄、スタイルの良さ、表現力の豊さ、衣装、曲の構成すべてが相まって、
得点も真央ちゃんのはるか上。
二人とも完璧な滑りで、ここまで差が付くとうーん、ちょっと厳しいのかなー。
頑張れ!


VOL.191

2010.02.23  |

'10.02.23 いよいよ

いよいよ始まりますねー、フィギアスケート!真央ちゃんガンバレー!
私は、フィギアとシンクロを見るのが大好きです。
技術だけでなく、表現力も競うから。表現が得点になるから。
キム・ヨナは真央ちゃんのようにトリプルアクセルは飛べないけど、
ジャンプのスピードの速さ、そして高い表現力で本当に美しい。
かつてのドイツのカタリナ・ヴィットという選手も、とっても美しく、
真っ赤な衣装でカルメンを踊ったことを今でも思い出す。
衣装も、どうして海外の選手はセンスがいいんだろう。
シンクロでは断然、フランスのビルジニ・デデューでしょー。
兎に角、美しい。
あの当時、彼女にかなう人は誰もいなかった。鼻栓をしないのだから。
本当に人魚みたいだった。美しい女性は、同性でも見とれてしまう。


VOL.190

2010.02.22  |

'10.02.22 大阪

東京の千秋楽から夜飛行機に乗り、2日間だけベルリンで取材して
あっと言う間に大阪の劇場入り、そして嬉しい発表を聞き、そのまま舞台初日。
あっと言う間に、また夏美ちゃんになってる私。
でも私やっぱりこの芝居好きだぁーーーー。

3.jpg

VOL.189

2010.02.21  |

'10.02.21 銀熊ちゃん

銀熊を若松監督と大西君が貰ってくれました。
ライブで見ていて、私の名前が呼ばれたときに初めて信じることができました。
若松監督が大阪まで来てくれて、舞台上でsilver bearを渡して下さるそうです。

4.jpg

VOL.188

2010.02.21  |

'10.02.21 幸せです

本当に本当に嬉しいです。
若松監督に呼んでもらえてよかった。大西君とできてよかった。
そして若松組のスタッフさんとできて良かった。
皆の魂の結晶です。私はこの日を忘れません。
そして日本の人達。賞が全てではありません。
まず世界の映画祭のコンペティションに選ばれたという事実。
これをまず評価するべきです。


VOL.187

2010.02.19  |

'10.02.19 まちぼうけ

はいでましたー、エールフランス。パリで待ちぼうけ食ってます。
一度たりともオンタイムで出たことないんだから。
大阪に着くのは遅くなっちゃうなー。着いたら劇場直行で舞台稽古だし。
でもフランス映画やれることになりそうな気配。
気配ですよまだ。ということは、フランス留学するか!je dois parler fraincais.!!!!!


VOL.186

2010.02.19  |

'10.02.19 last night

5.jpg

今日は取材の後、みんなでジャーマンレストランへ。
有り得ない量の山盛りソーセージにがっつきました。
運んでくるウェイトレスさんが、アンナミラーズみたいな服着て運んできてくれる。
おっぱいでかいし。
若松監督も大西君も嬉しそう。
どんな映画が賞を取りそうだとか、噂もちらほら。
何だか免許取得の電光掲示板を待ってるドキドキ感。
何が嬉しいって、一つのことに皆で今ドキドキしてるってこと。
その場を共有してるってこと。
ローランママもインターネットで批評を見て、嬉しくて電話してきてくれた。
私は皆に愛されてる。そしてみんなを愛してる。
こんな場にいれてる自分が本当に幸せだ。
取れたって、取れなくたってわかちあえる仲間がいる。


VOL.185

2010.02.18  |

'10.02.18 レッドカーペット

6.jpg

レッドカーペット歩いてきましたよん。
一般の人から声をかけられて感動。

VOL.184

2010.02.18  |

'10.02.18 ベルリン映画祭

着いてすぐに取材取材。
疲れなんて感じてる暇ありません。

7.jpg

VOL.183

2010.02.17  |

'10.02.17 ベルリン到着

着きましたよー、ベルリンに。
マイナス五度!
早速エールフランスが、ヘアメイクさんのバックを紛失して、てんやわんやです。
これは"自由!"じゃない!!!

8.jpg

VOL.182

2010.02.17  |

'10.02.17 la liberte

Air Franceに乗ると本当に面白い。
皆、"自由!"。アテンダントさんも髪の毛結んでない。これも"自由!"。
髭もじゃのジューイッシュおじさんが、機内で出発寸前まで携帯で喋ってる。これも"自由!"。
しかもアテンダントさんは近づいてって、やめさせるのかと思ったら
"もう少し静かに喋って下さいって。"えーーー!?これも"自由!"。
ローランは、機内食が不味いって文句言いに行ったし、これも"自由!"。
フランス人は思ったことをやる。"自由万歳!"
寺山さんは、フランス人に憧れてたのかなー。


VOL.181

2010.02.16  |

'10.02.16 ベルリン映画祭

嬉しい。「キャタピラー」の上映が行われました。
ベルリンのお客さんは、standingだったそうです。
共演者の大西くんからメールが来ました。私も今から行くからねー!
神様ー!若松監督に"金熊賞"を与えたまえー。


VOL.180

2010.02.15  |

'10.02.15 ロウソクパーティー

千秋楽前日。
我が家の日課"ロウソクパーティー"
いくつものキャンドルを焚いて、踊りまくり飲みまくりシェケナベイベー。
明日の芝居は無心でいくために。

9.jpg

VOL.179

2010.02.15  |

'10.02.15 毒

なんか出てきたなあー。毒が。
出てきてる自分を感じるなー。
いかんいかん、しまってしまって。


VOL.178

2010.02.15  |

'10.02.15 輝き

アイドルと言われる人たちの”スターの輝き”って何なんだろう。
剛君だって、稽古場ではとても静かなたたずまいだったのに
板にあがった瞬間から、めきめきと輝きを放っている。
映画「東京タワー」で一緒だった松潤だって、
コンサートの時とか、これが”華”って言うんだなって見せつけられるし、
斗真君だって、やはり選ばれたものの責任感が漲っている。
普段は皆、素朴でチャーミングで普通に喋るのに。
いざスポットライトを浴びると、何か化学反応を起こして光を放つ。
キューティーハニーの変身シーンみたいに。
一緒にやってるときは、役に集中してるし分からないんだけど、
自分の出てないところとか出来上がったものを見ると
“ははー。こういうことかあー”と感心してしまうのです。
光を浴びたときの彼らの責任の取り方は、ハンパなく素晴らしいと思う。


VOL.177

2010.02.03  |

'10.02.03 家族孝行

へっへー、つかの間の夏美さんのお休み。
今日は料理当番を買ってでましたぁー。
プレバスケーズ(バスク地方のトリの煮込み料理)と
生クリームとケッパーソースの卵とジャガイモのサラダ!
ちょっとー!天才的な美味しさでしたよ。
今日は、わんころの為の、手作りスープも作れたし
久々に家族孝行できたな。
明日から、又、夏美に変身だからすんませんけどよろしく!
しかし、毎日あの夏美のせりふを口に出せる私は幸せもんだなぁー。

15.jpg

VOL.176

2010.02.01  |

'10.02.15 義理チョコの説明

14日のバレンタインに向け、チョコレートケーキを作りました。
ダーリンの分プラス、芝居で一緒の18人の役者さんのために。
そこでまた問題勃発!
ローランには、何故私が18人分作っているのが意味が分かんないらしい。
「lovdは一つ!!」って叫んでる中もくもくと無視して作ってる私。
18人分は大きなお皿で、ローランにはハート型の中ぶりのケーキを作って
それプラスプレゼントで特別扱いしてんのに。
でも、こっそり剛君と窪塚君にはちょっと特別扱いで、
小振りのハートで作ってたら「何で二人だけはハートなんだとか」怒りだし。
もーめんどくせー。
ケーキを作り終わって、その後三時間ほど日本の「義理チョコ文化」について語り合った。
それでもローランは意味が分からず、娘に電話したらクレオも完璧父ちゃんの味方。
一緒になって攻められたし。
ちきしょー、この二人がタッグを組むと無敵なんだよなー。
でもこれが私のやり方。だめっすかぁー?

10.jpg

VOL.175

2010.02.01  |

'10.02.14 st!valentine!

気付いたら後二回で終わりじゃん。
大阪の劇場は後ろの扉が開かないので、後二回の見納めだ。
しかも明後日にはベルリンに向け飛行機に乗ってるし。
映画祭用に着物も選ばなきゃいけないし。
大阪直接入るから、その分の荷造りもしなきゃいけないしと。
犬も実家に預けにいかなきゃいけないしと。
何だかせわしなくなってきたなー。
芝居は、未だ奇跡的に鮮度を保ててやれている。
これは本当に奇跡的です。いい意味でも悪い意味でも不安定だからね。
まさに狙いどうり。でも難しい。
映像では一人で変わっても変化が見えるけど、
舞台だと一人変わっただけじゃあ、何も変わって見えないんだよなー。
すべてのミザンセーヌを変えて、初めてお客さんに分かるから
舞台ってやっぱり団体行動なんだよなー。
もちろん自分の中でも変化はありますよ。
昨日、ラスト三回にして今まで気づかなかった夏美を発見したし。
何かどんどん夏美が愛おしくなってきたなー。
まだまだ私の知らない夏美さんを発見してあげることにしよーっと。
宜しくね。


VOL.174

2010.02.01  |

'10.02.13 ありがたや

今日は、ちょーーーー多忙な中、我らが龍馬!
福山さんがお芝居を観に来て下さいました。
「絶対観に行きたい」と言って下さっていたから、
本当に嬉しかったです。
有言実行!坂本龍馬そのものだ。
私は「あー、行く行く」とか「今度ご飯でもしよう」って言っちゃって
そのまんまってことが応々にしてあるので、是非見習いたいと思います。
感想は、刺激的な舞台でキスシーン全開だったので
「龍馬としては、乙女ねーやんが!」と思ってしまったそうです。
またまた乙女ねーやんが帰ってくるので、待ってて下さいね。

11.jpg

VOL.173

2010.02.01  |

'10.02.12 短編映画

今日は下北に短編映画を観に行きました。
15人の監督が3分の短編を作ったもので、その中の監督の一人に
我がパーティーの柄本佑くんが作ったものもあり、共演者達と観に行きました。
いろんな作品があったのですが、”アジアンテイスト”という作品はおもしろかった。
何だかわかんないけど不思議で。
二人で正面切って煙草をくゆらせてるシーンは、
ちょいとポルトガルの監督のペドロ・コスタに似てたりして。
私の敬愛する監督アキ・カウリスマキにも似てたりして。何か面白かった。
思えば、夕張映画祭で広木監督とショートフィルムの審査員をやらせてもらったときも
私的に駄作から秀作までいろんなものがあって楽しかったし、
その時グランプリを取った鞠子さんは、こないだ私が出演させてもらった
映画「ラッシュライフ」を撮った。
今日の15人の中から、素敵な監督が誕生するのかそれは分からないけど。
日本の映画のためにガンバレー。


VOL.172

2010.02.01  |

'10.02.12 私の癒し

お腹出して、ひっくり返って寝てる捨助さん。
こわ!でもかわゆし。

12.jpg

VOL.171

2010.02.01  |

'10.02.11 夜の部

いやー緊張したー。
どこを観ても芸能人芸能人。
ラスト何回にして、駆け込みでみんな観に来てくれてます。
今や目をつぶってたって、せりふが出てくるはずなのに、
今日はやたらに緊張して、久々にスリリングな夜の部でした。
人間て素敵だな。ひと一人の力って凄いんだなー。
でもほとんど知り合いだったから、楽屋に来て私の顔を見るなり
「18才!18才」ってみんなに言われた。
「私だって、好きで18やってるわけじゃーないわい」と思いつつ、
日々励んでいるわけです。
みんな、ペギーだって葉っぱだって18才なんだぞ!
18才ってセリフにないだけで。しょぼーん。
夏美は「第二次世界大戦」で「世界の年」だって寺山さんは言わせてる。
そこが超越できてない私の芝居はだめだっつーことか?
と思いつつも、蜷川さんがそれで良しって言ってくれてるからいいや。
それだけでいいや。
私にしかこの役はできない!と思って明日からまた頑張るのだ。


VOL.170

2010.02.01  |

'10.02.09 終演後

昨日は、舞台でハプニングがあり、なんとなーく後味悪し。
しかもそんな日に限って、終演後の顔を撮る撮影だったし。
私、正直もんだから、きっと物凄い不機嫌な顔したと思う。
でもそれもいいっか。一期一会。
ってことで、帰ったらまた眠れない気がしたので、かおりんたちと飲みに行った。
テレビっ子のつるちゃんも、この芝居で目を真っ赤にしてくれたし。嬉し。
始めは飲み屋に始まり、沖縄料理屋に行き、
これでお開きと思った矢先に、とある役者さんに呼び出され、
いつの間にか足はそっちへ。みんな若いから、芝居を熱く語ってた。
そうこうしてるうちに、とある歌手さんがいらして
持ち歌をカラオケで絶唱!ちょーーーーー、感動でした。
最後も盛り上がる曲で、踊りまくり歌いまくり、
シェケナベイベー!って気付いたら四時じゃん。
こっ!こんなはずはなかった!絶対に!


VOL.169

2010.02.01  |

'10.02.08 ニューアイテム

13.jpg

我が楽屋に、またまたニューアイテムの導入!!
灰男ちゃんがくれた怪獣。
目がうつろで、歯が出てて、耳も出したら
昼の部の楽屋入りの私にそっくり。
夏美にも似てるなぁー。
よし!君も大阪公演参加決定!


VOL.168

2010.02.01  |

'10.02.08 三日月

只今、二月の八日午前二時五十八分。
昨日は、パトゥイエ夫妻のお家にお邪魔して、
水炊きをご馳走になりました。
ごま油のたっぷり効いた鶏団子、美味しかったよー。
美味しいワインもたっぷり飲んで、今日はいい気分で寝れると思いきや、
またまた目が覚めてしまい、ベットから抜け出して、
またちびちびやってますの。
芝居の初日前後の眠れなかった日々を思い出す。
でも、三日月が出てて綺麗だなー。
きっと楽屋においてある、旗持ったmedicomtoyが
“あと10″を示したからに違いない。
東京公演千秋楽まで、あと10回。
今日やったら、あと9回。
何だかしみじみとしてきました。
こんなにどきどき、毎日がexcitingで、刺激的で、
お客さんからstanding を貰って。
役者って、何て素晴らしい、幸せな仕事なんだろう。
眠れなくたっていいや。
これも人生のうちの、たった一欠片に過ぎないのだから。
今を存分に楽しむことにしよう。
今晩の三日月は、一体どんな月に姿を変えるんだろう。


VOL.167

2010.02.01  |

'10.02.07 ディディエ

今日はいい気持ちで芝居が終わったので”didier”という
昔のフランス映画を観ました。
コメディーで、犬が突然人間になるというばかばかしい話。
でも犬役が私の大好きなフレンチコメディアン、
アラン・シャバが監督兼didier役もやっている。
何て素晴らしい役者なんだろう。本当に仕草が犬そのもの。
字幕がないのに、十分楽しめた。
いい役者は、言葉がわからなくたって分かるんだよねー。
まっ、犬役だからせりふは皆無だったけど。
兎に角、笑ったなー。
うちのわんころたちが、突然人間になってたら大変だろうなー。
文句とか、めちゃくちゃ言われるんだろうな。
そうそう、私がやってる芝居もたくさんの外人が観に来てくれてる。
揃って大絶賛。言葉が通じなくたって良いものは良いのだ!!
夏美18才、明日もがんばります。


VOL.166

2010.02.01  |

'10.02.05 私生活

はあーあー、私生活って難しいなあー。
近年まれにみるカンパニーの楽しさに心弾む毎日。
運命共同体の剛君も窪塚君も良い人だし、
私の隣の毒部屋には六平さんに金さん、継太さんがいて、
自分の楽屋滞在時間より、全然長くそっちにいる。
楽しい話や、時にはちょっとだけまじめな話。
毎日飽きることがない。
そんなこんな、稽古も含めカレコレ2ヶ月。
ローランがここのところ寂しそうにしてる。申し訳ない。
後少しの辛抱だよ。
ベルリンに一緒に行くじゃないか!わかってくれろ!
以前「愛の流刑地」のメンバーの食事会に
ローランを連れてったら、豊川さんに怒られたことがある。
恋人同士の関係の役をしてる時に連れてった
私のデリカシーのなさにだ。
私も昔「近松心中物語」で継太さんと夫婦をやってるとき、
楽屋に子供を連れてきて、烈火のごとく怒ったことを思い出す。
これからこの人と心中するっていうのに、
何てデリカシーのない人なんだろうって思った。
とは言うものの、結婚してからは、打ち上げに連れてったりもしてたもんだから
私のやってることも筋が通ってなくて、めちゃくちゃだ。
頭が混乱してきた。
やっかいなやつだなー、俺って。ごめんよ。


VOL.165

2010.02.01  |

'10.02.05 寺山修司さん

共演者の蘭妖子さんから戴いた、寺山修司さんの作詞のCD。
早速聴いてみていると、兎に角、暗い。
地獄、首締め、売られていった。
どの歌も暗い。
今日は昼公演なのに、私の楽屋は一瞬にして
夜の狂気の世界に変貌した。
よし今日の夏美はこれでいこう。
ちなみに左に映るピエロさんは、これまた共演者の三谷昇さんが
ご自分で作られた作品。
ずっと楽屋に置いてるから、いっぱい色んな
私を見てきたんだろうなこのピエロ君は。

14.jpg

VOL.164

2010.02.01  |

'10.02.04 朝青龍

朝青龍が引退?なんですか?
昼夜の合間の時間に楽屋で聞きました。
ショックだー。めちゃくちゃショックだなー。
波瀾万丈な生き方の人だなー。
相撲離れしそうだなー。
輝いてる人に、神様はどうして爆弾を落とすのだろう。


VOL.163

2010.02.01  |

'10.02.01 初雪

初雪観察!!どしゃどしゃ降り出しましたなー。
今日の舞台は、とても神秘的に雪が私たちの芝居を演出してくれました。
舞台は一期一会だなー。
今日の景色は二度と無いのだなぁー。
今日は雪見beerだあー。

16.jpg

VOL.162

2010.02.01  |

'10.02.01 姫と捨

かわいいなあー。
全然かまってあげられてないから、
帰ったら、びたーーーっとくっついてくるわんころたち。

17.jpg

VOL.161

2010.02.01  |

'10.02.01 フランス映画祭

今年のフランス映画祭は、今からわくわくのラインナップです。
なんといっても団長は、ジェーン・バーキンですから。
監督もガスパーノエや”キングスアンドクイーン”のアルノーデプレシャン
そしてなんといっても「潜水服は蝶の夢を見た」の
主演男優のマチューアマルリック!!!!が日本にやってくるのだなー。
会いたい会いたいなー。
何とかして会えないかと今から作戦を立てているところです。
去年は、団長がジュリエットビノシュで、
映画祭最中にコンテンポラリーダンサーのアクラムカーンとの
ダンスパフォーマンスをシアターコクーンに観にに行ったっけ。
その前はソフィーマルソーだったし、その前はカトリーヌ・ドヌーブだったし。
しかもカトリーヌ・ドヌーブの時には、結婚して初めてのツーショットだからとか
何とか言われて、レッドカーペットをあのカトリーヌ・ドヌーブの後に
とりで歩いてる私たちがいて、
ローランに「この日本の文化は意味がわかんないし、
映画に対してリスペクトがない国なんだね」と言われたことを思い出す。
全くの同感で、何も言えなかった。
思えばNYにいる時に、たまたまNHKを見ていたら
「海老蔵結婚」ってニュース。え?これNHKだよねっ、て一瞬目を疑った。
日本はあまりにも平和な国だ。
世界では、毎日どこかで戦争が起こってるっていうのに。


こちらは自動翻訳機能となりますので、翻訳が不十分な場合もございます。予めご了承ください。

Archives
Link
  • トップコートグループ
  • アプティパ