VOL.160

2010.01.04  |

'10.01.31 バフブルギニオン

ローランが作ってくれた"バフ ブルギニオン"。
フランス版肉じゃがみたいなー、ビーフシチューみたいなー。
うっまそー。

2010.01.jpg

VOL.159

2010.01.04  |

'10.01.29 テニス

オーストラリアオープンをライブで観ています。
フランス人で、彗星のごとく現れたトンガを
ローランは「no c’est pas vrai!quoi!(ありえないだろ!)」とか
「merde!!!(くそ!)」とか「ouhlala c’est manifique!!!(あいあいあーすばらしい)」とか
言いながら興奮して観てはります。
でも私は、なんといっても対戦相手の王者フェデラーですねー。
格好いいしエレガントだし。
彼がやってることは、物凄いことをやってるんだけど、
いとも簡単にやってるように見えるのです。
私だって只今、満身創痍です。
上り下りが激しいし、変わった体の形もしなくてはいけないし。
いつの間にか、気づくと傷になってたり、痣になってたりしてます。
でもそれを、いとも簡単にやっているように見せるのがプロなんだなー。
歌舞伎の女形だって、あのエレガントな動きの下では、
体を殺して、物凄い態勢で踊っているのです。
やってるのは男性ですから、肩幅を狭く見せるために僧坊筋をくっつけ
膝も折り曲げてのスクワット状態です。
すごいなー、みんな。
まだまだ私のやってること何て甘ちゃんだなーと、
テニスを観ながら思ってしまっています。
って、書いてるうちに勝負がついちゃいそうですな。


VOL.158

2010.01.04  |

'10.01.29 歌

いやー、朦朧とはしていたものの、みんなに助けられて
素敵な二回公演でした。
遠藤ミチロウさんの歌が劇的に良くて、
今日なんか死んでるのに、泣いていた私がいました。
涙が、つーーーっと流れてきました。
歌って人の心を揺さぶるなぁー!すてき!


VOL.157

2010.01.04  |

'10.01.28 “shit!shit!shit!”

朝、体温測ったら38度だし。何回計っても38度だし。
あーあーあー、やっぱり昨日二時までの撮影は過酷すぎた。
泣きシーンばっかりだったし。
夜中からだんだん目も開かなくなってきて、相当な倦怠感があったので、
いやーな予感はしていたのです。
しかも今日二回公演だし。
戦いに行、く武士のような気分です。
でもこの朦朧とした世界でやる舞台は、意外と力が抜けて、
良いもんできるかも!と奮い立たせているところです。
ベランダから下を見下ろすと、満開の梅が見える。
何て綺麗なんだろう。


VOL.156

2010.01.04  |

'10.01.27 差し入れ

まだまだ撮影は続くのです。
先が見えません。
今日は大切なシーンが満載で、疲れ果てています。
甘いものをばくばく欲しています。
松原さんが差し入れてくださったみたらし団子を食べ、
私が差し入れしたシュークリームを食べ。ベビーバナナを食べ。
中でもおいしかったのが、福山さん差し入れの”あまのの揚満念”
一口サイズになっていて、表面ぱりっと、
中は美味しいあんこが入って最高でございました。
福山さんは美味しい甘味をよく知っています。
こないだ頂いた、干し柿の中にくりきんとんが入った和菓子は
ぶっ飛ぶくらい美味しかったです。
次は何が出るのかなー。と期待せざるをえません。


VOL.155

2010.01.04  |

'10.01.27 乙女と夏美

何だか体の中が、ひっちゃかめっちゃかになっています。
舞台中でも大河の撮影を実行せねばならず、
自分がなんなんだかわかりません。
しかも乙女さんと、寺山ワールドを一日二役やるとなると、
変身にパワーがいるのです。
でもやっぱりありがたい。
昼の撮影が終わって、楽屋に入って夏美になって。
夏美の存在を認めてくれるキャストがいて。
舞台は運命共同体。
本当に感謝しています。
今日の休演日は、まるまる一日乙女ちゃんです。
それが終わったら舞台に集中。
一日三役は、はっきり言って無理だ!


VOL.154

2010.01.04  |

'10.01.24 横綱

バンザーイ!
朝青龍優勝!強いなぁー。
強く居続けることって、本当にすごいなぁー。
大関までは横綱がある。
横綱になったらあとは引退あるのみ。
役者は基本的に引退ないしなぁー。
私はいつか引退するのかなー。


VOL.153

2010.01.04  |

'10.01.23 舞台

舞台の初日の興奮からあけ、久々に眠れたかと思ったら、
一難去って、また一難。
またまたベットから抜け出して、ウイスキーをちびちびやってます。
これからは、いかに自分が何を感じて、相手に何を渡して、
何が毎日得られるか、何を毎日お客さんに与えられるかの戦いです。
稽古が始まり、早一ヶ月。
当然芝居は毎日のようにやってるわけだし、
あるテンションの中で、世界観を見せつける芝居だから、
そのテンションが無くなったら、鮮度が無くなっていくのはこれは悲しいかな
当たり前のことなのです。それが人間ですから。
でも毎日初めて観に来てくださってるお客さんの前で、
まるで初めてやっているかのような新鮮な芝居を観せていく。
これをやらねばいかんのです。
これが舞台なんだなー。
今回蜷川さんに、この役を任命された責任は、
重々わかっているので、それを全うせねばいかんのです。
楽したらこの芝居は終わりだ。


VOL.152

2010.01.04  |

'10.01.21 ベルリン映画祭

やったーやったーやったー!!!
我らが若松孝二監督の”キャタピラー”が
ベルリン映画祭のコンペティションに選ばれました。
本当に嬉しいです。賞なんてどうでもいい!
この映画が世界に観られるということに価値があるのです。
今やっている舞台の東京公演と大阪公演の間、
4日間がたまたま空いていたというのもついていました。
ベルリンに行ってきまーす!
窪塚君にそれを言ったら
「大阪公演には帰ってきてくださいよ!素敵な俳優にあっても」と言われました。
うーん。もしベネチオ・デル・トロ様がいたら
それはわかんないなー。
兎に角バンザーイ!バンザーイ!


VOL.151

2010.01.04  |

'10.01.21 休演日前日

おいひかったなぁー、休演日前の終演後の楽屋で飲んだルービーはー。
共演者の柄本佑君と蜷川さんの若者たちとで飲みましたぁー。
今日は二日目。
初日よりうまくいったシーンもあったし、ほっとしましたぁー。
休演開けは、初の二回公演なんでチャージしないと、パワーを。
出番はそんなにないんだけど、何だかどっと疲れるんですよ、この芝居。
腹八分目の芝居が出来ないといけないな。
なんだって満腹になった時点で終わりだから。
寸止めが一番盛り上がるでしょ、どんな状況でも。


VOL.150

2010.01.04  |

'10.01.20 久々の散歩

久々にわんころを連れて、代々木公園に行きました。
何だかカラスがやたらにいて、
のどかな日なのに何だか不気味でした。
今日は生ゴミの日だからか?
ヒッチコックの世界のようでした。
しばらく歩くと、何組もの演技集団やコント集団がいっぱい練習してました。
ベンチに座って、しばらくぼっーと見てると、何組かは面白いのがありました。
でも、皆何だか楽しそう。
楽しむことって大切だな。
ましてお金までもらってるし。
自分が楽しんでることを、人がお金を出してくれる。
思えば夢のような仕事をしているのだな、私は。
寒い中、必死に頑張ってる彼らに、何だか心が洗われました。
うんうん、いいものがもらえたな。


VOL.149

2010.01.04  |

'10.01.19 初日

緊張の中初日が無事終わりました。
まあ、いつもかまないとこでかんだりと、私的にはいろいろありましたが
始まったら終わりがあるのみです。
昨日のゲネプロを観て吐き気がした母も、
初日は免疫が出来たのか、大丈夫そうでした。
そうなんです。そういう芝居なんです。この芝居は。
きっと好きな人と、嫌いな人ははっきり別れる芝居だと思います。
でも何より一番嬉しかったのは、蜷川さんの喜んだ顔。
本当に楽しそうで、打ち上げも最後までいる蜷川さんは久しぶりに見ました。
七年間のブランクはあったけど、本当に今回声をかけてくれて感謝してます。
きっとこれをやるために、神様は待ったを出してたんだなー。
蜷川さんも「腐れ縁の女がまた戻ってきてくれた」って
言ってくれて本当に嬉しかった。
やっぱり私も好きだぁーーー、こういう蜷川ワールドーーーー!!


VOL.148

2010.01.04  |

'10.01.15 女優

晴れの独身生活も終わり。
何だか寂しいやら、嬉しいやらいろんな感情です。
芝居に入ると、気持ちがそっちにいってしまうのは、
ローランも毎回分かってくれてはいるのですが。
やっぱり、皆にそれを言うと
「ローランかわいそうだよー」とか
「女優の旦那はめんどくさいねー」サンザンの言われよう。
こないだ飲んだくれた廣木監督にも言われたし、
昨日飲んだくれた国際結婚カップルのレディースたちにも言われたし。
ぜんぜん味方ゼロ。
でも私は、このやり方でしかできません。
だから「いいんじゃん、寺島しのぶはこうじゃないと」って
言ってくれる人は、いるかな?いるよね。
と自分に暗示をかけている今日この頃でございます。
もちろんローランには、心から感謝してますよ。
きっと、日本人男子は理解に苦しむでしょう。
現にそれが耐えられなくて、去っていった人もいたしなー。
ありがたやー。


VOL.147

2010.01.04  |

'10.01.14 稽古終了

埼玉での稽古は終わり。
明日から二日間休養していよいよ舞台稽古です!
血がたぎっています。血は立ったまま眠っています!
一週間前から、変なアドレナリンが出ているのか、
一日二時間くらいしか眠れていません。
今日は窪塚君との今まで一度もうまくいってなかった
鬼門のシーンがクリアー出来て、二人プラス、スタッフさんプラス、蜷川さんで大喜び!
大変すがすがしい稽古の終わりでした。
よっしゃー、久々に眠れる気がするのだ!


VOL.146

2010.01.04  |

'10.01.13 近所の堀さん!

「スタジオパークからこんにちは」出演の際には、
fax頂きましてありがとうございました。
NHKの帰りにお会いしましたが、まだfaxを見ていませんでした。
また散歩道で。
それ以外にも沢山のfaxを頂きました。
応援して下さっている皆さん、ありがとうございます。
期待に応えるべく、ますます頑張りますよ!


VOL.145

2010.01.04  |

'10.01.12 「スタジオパークからこんにちは」

金曜日、「スタジオパークからこんにちは」に姫ちゃんと捨助とで出演しました。
二人とも、かなりのくつろぎモードで、
逆に寝ちゃって、テレビにあまり顔が映らなかった気がする。
とはいうものの、帰った二人は家でぐっすり。
食いしん坊の捨助も、夕食を忘れて爆睡状態です。
疲れたんだね。おつかれさまあー。
さて、今日の腹立ちニュースは、アルバイトの郵便配達人が、
配達先が見つからなくて、何百通の手紙を勝手に捨てて、
逮捕されたというもの。何を考えてるのでしょうか?
人の思いがいっぱい詰まっている手紙を捨てるなんて。
今は、インターネットが普及して、皆、同じ字の形になる
はがきがとっても味気ないと思っているアナログ派の私にとって。
何とも腹立たしい出来事です。
私はインターネットが出来ないというのもありますが、断然手紙は手書き派です!
昔なんて、インターネットなんかなかったわけだし、
何日もかけて手紙が届いてたりしたのに。
活字離れだとか、年賀状は手書きで書こうとか、
いろんなキャンペーンがある中、こんな事件があったら悲しくて仕方ありません。
こんなことなら、自分の信用できるコンピューターの方が
正確で早いやーって、思われてしまうじゃないですか。


VOL.144

2010.01.04  |

'10.01.06 仕事始め

稽古も佳境です。
寺山作品に蜷川さんも、もんどりうって挑んでいます。後一息です。
一月は、そんなわけで年明けから働いています。
8日には「スタジオパークからこんにちは」に出演します。
私はどーでもいいのですが、
我が愛しの姫ちゃんと捨ちゃんも出演する運びとなりました。
これまで篠山紀信さんや森川昇さんなど、
雑誌では巨匠に撮って頂いたりしたんですが、テレビは初出演です。
以前は、母がゴールデンレトリバーのマイティーと出演しましたが、そのときはさんざん。
本番中にゲロを吐いてしまいました。
出演前から「マイチャン、テレビ出るんだよー」とか
「マイチャン素敵に映ってきてね」とか、
家族でプレッシャーをかけたのがいけなかったのか、
マイチャンはどんどん緊張の極みになってしまったのでしょう。
だから今、私は彼らには何にも言わないことにしています。
可愛く映ってくれるといいなー。
そして10日は「ザ・ノンフィクション」という番組で、
私の企画が通り、三人の素敵な女性とガチンコトークを致しました。
大竹しのぶさん、桃井かおりさん、倍賞美津子さん、すごいでしょー。
凄いんですよこれが!
特に女性はシンパシーを感じるのではないでしょうかー?
そうしてるうちに、また龍馬伝が始まって、いよいよ舞台は初日を迎えます。
皆さん、劇場に来て観て下さい。
ちょっと観たことない芝居になっちゃってますから。


VOL.143

2010.01.04  |

'10.01.06 龍馬伝

見て頂けましたか?龍馬伝!
すっかり閑散とした家では、ローランと二人で見ました。
面白かったです。って身内が言うのもなんですが、
スピーディーだし話も面白く来週も見たい!って思ってしまいました。
さすが大友さんと言った感じです。
ただ、浜辺で龍馬と剣術をするところは、ながーーーーーい時間をかけて撮影し、
次の日、福山さんともども激しい筋肉痛だったのですが、
思いのほか短くカットされていてちょっとがっかり。
でもいいや。面白かったから。
日本のテレビを見ないローランも、龍馬に興味を持ったらしく
今インターネットで勉強中です。
さてさて、どれだけの方が見て下さったのか気になります。


VOL.142

2010.01.04  |

'10.01.05 新年の願い

さて去年を振り返ってみると。
仕事ではやっぱり若松監督の「Caterpillar」の撮影をしたことです。
久々に達成感がありました。
この映画は多くの人に観てもらいたいです。
私生活では、やはり捨ちゃんの厄年でしょうか。
ぎっくり腰は本当にかわいそうでした。
しかも治ったら、すぐに胃炎になり吐きまくった日もありました。
吐きまくって、気管がつまり、
散歩中に突然気を失って倒れたときは、本当にビックリしました。
今年は皆が元気でいられますように。


VOL.141

2010.01.04  |

'10.01.05 新年

2010年を迎えました。
大晦日から元旦にかけて、イベントの目白押しでした。
まず31日は、皆で富士山を見に河口湖へ。
先端は見えませんでしたが、圧巻でとてもいい気がもらえました。
富士山を見ながら年越しそばを食べました。
帰ってきて、家できりたんぽ鍋を作り、久しぶりに「ダイナマイト」と「紅白」を見ました。
ダイナマイトは吉田さんの悶絶しながらの勝利に感動し、
魔裟斗さんの引退試合の死闘に感動し、
紅白は、福山さんの中継と嵐の登場とSMAPのマイケルのメドレーを見て、
スーザンボイルを見てーといった感じでしょうか。
そんなことをしてるうちに、23時になり急いで増上寺へ。
三分前に着いたにも関わらず、いいところを確保して、皆で年明け。
除夜の鐘にニコとルースは目がまん丸。
新年となり、皆が持ってる風船が空に飛んだとき、
クレオが感動して、号泣してたのを見て号泣していた私でした。
帰ってからも、ローランと彼の友達のニコとで飲み明かし、
あっと言う間に元旦の朝。
今日は朝、ラストゥール家のおせちを頂きました。
おせちは皆、初めてなのに「おいしい、おいしい」と言って食べていました。
あっこちゃんの作った黒豆が絶品でした。
それから結婚式をした日枝神社にお参りに行き、おみくじは小吉。
でも”欲しいものは得られる”と”勝負事はついている”と書いてあり、
なんだか嬉しくなりました。
ローランも2009の後厄も終わり、晴れやかな表情。
それぞれにお参りをして、いざ九十九里浜へ。
姫と捨が大喜び。
グナシア家にかまってばっかりだったので、二匹とも狂ったように走り回りました。
それからいつものコースで”白砂”で温泉を堪能。
女子チームはプライベートバスに入りました。
クレオとニコの子供のルースはすっぽんぽんで風呂場を駆け回り、
まんまと私はゆっくりと温泉を満喫しました。
男子チームは、上の露天に入り、またまた富士山が見えたそうです。
ローラン今年はついてるかも。
それからいつものコースで”向島”へ。
ぎりぎりに入ったにもかかわらず、あけてくれてとびっきりのシーフードを味わいました。
皆さん今年もよろしくお願いしますね。


VOL.140

2010.01.04  |

'10.01.04 浅草

浅草に行きました。正月前で人が賑わっていました。
マンマとクレオとローランと私と、ローランの友達のニコと子供と六人で。
久々に馬賊のラーメンを食べ、皆は手打ちラーメンの職人技に思わず口あんぐり。
おいしかったあー。
クレオは浅草で買い物三昧。
皆はしゃいで、車の中では喋りっぱなし。
今日もめいっぱい疲れました。
生活の方が女優やってるときより大変だなーって思います。
所詮芝居は偽物。人生は本物ですから。
ふふふ、でも今日はこれからエスケープして、
私だけマッサージに行こうと密かな計画を立てているのです。


VOL.139

2010.01.04  |

'10.01.04 マンマのパンづくり

1.jpg

今日は一日、マンマの料理教室です。
朝からマンマの祖国のアルジェリアのパンづくり。
簡単なレシピなのに美味しいのです。
でも、すべてはマンマの目分量。
盗み見てメモを取りました。

2.jpg
今はクスクス作りです。
これまた食べたことのないおいしさ。
でもマンマはあっと言う間に作ってしまうので、メモするのが大変です。

3.jpg
40人分のクスクスを作りましたあ。

VOL.138

2010.01.04  |

'10.01.04 「アバター」

稽古が休みだったので、あんまり私は乗り気じゃなかったのですが、
ローランとクレオのたっての希望で
「アバター」を3Dで観に六本木に行ってきました。
結論から言うと、脱帽です。
3時間の作品でしたが、ただただ脱帽です。
3Dで観たかいがあったし、兎に角、すべてが信じられて脱帽の世界でした。
もう一度観に行きたいです。
ただ、予告編で日本映画の予告がでると、
我が家フランス人チームは顔を見合わせバカにした顔をします。
クレオは「アートフィルムは日本にないの?」って聞きました。
ローランは「こんな映画を劇場に観に来るの?」って言いました。
ロロママは苦笑です。チキショー!日本映画頑張れ!


こちらは自動翻訳機能となりますので、翻訳が不十分な場合もございます。予めご了承ください。

Archives
選択してください。
Link
  • トップコートグループ
  • アプティパ