VOL.131

2009.11.02  |

'09.11.25 捨ちゃん

愛しの捨ちゃんが、どうやら頸椎を痛めて入院になってしまいました。
始めは後ずさりしたり、震えてたりしてたので、
あまりの寂しさに神経がおかしくなってしまったのかと思ってたら、
そうではなく、背中のどこかを痛めてしまったみたいです。
診てもらってるときも、泣きわめいたりうなったり、本当にかわいそうでした。
早く良くなって帰ってきてほしいです。何か寂しい夜です。


VOL.130

2009.11.02  |

'09.11.25 NY最終日

さてと、今日でNY一人旅も終わりです。
もうじき飛行機に乗ります。
昨日はMOMA に行ったりBARNEYSに行ったりしました。
夜はジュードロウの「HUMLET」を観ました。流石でした。
現代的な演出もセットもとても良かったです。
その後はsohoのクラブに行って、友達のDJを聴きに行きました。
でも一人で飲んでると、お酒が進んで二杯でふらふらになりました。
ということで、今、私の頭はアルコールと時差でしっちゃかめっちゃかです。
今回の旅で気づいたことは、一人でとても楽しかったのですが、
やはり旦那様が恋しくなってる自分もいて、ちょっと安心したことです。
♪あーえなーいじかんがーあーいそーだてるのさー♪と
ヨイヨイの私は歌っているのであります。
姫チャンと捨ちゃんにも早く会いたいなー。
捨ちゃんがかなり落ち込んでるって聞いたので、ちょいと心配。
さーて!エネルギーが貯まったところで仕事しますか!!!


VOL.129

2009.11.02  |

'09.11.24 NY4

時差でなんだかめちゃくちゃになってるうちに、
今回の旅は終わりそうです。
眠れてない分、いろんなものを見れたりしている利点はありますが。
夜眠れずにいたので「up」を観ました。
おじいさんが空を飛んでくアニメです。
日本で今やってますよね。(日本では「カールじいさんの空飛ぶ家」というタイトルです)
色んなメッセージが詰まっている、暖かい話でした。
翌日は、アッパーの方へ行き、ホイットニー美術館を観て
夜は今年トニー賞を取った”god of carnage”を見ました。
かなり笑えて堪能しました。隣のおばさんがげろげろと笑う人で、
初めて聞く笑い方に気が散ってはいたのですが。
でも何だかんだ今日はNY、最後の一日です。
テレビで「マディソン郡の橋」をやっていて、
改めてメリルストリープの上手さに目を奪われています。
最後の夜は、ジュードロウの「hamlet」を観て、
夜はちょいと繰り出して、フィーバーしてこようかなー。
と書いてるうちに、メリルとイーストウッドの別れのシーンが。
旦那と子供の元に返っていく話もあれば「愛の流刑地」のように
何もかもおいて恋人に走っていく話もあるのです。
私だったらどうするかなー。


VOL.128

2009.11.02  |

'09.11.20 NY3

“after miss julie”という芝居を観ました。
うーん。残念です。
内容はおもしろいと思うのですが、出演者全員の演技が納得いきませんでした。
お客さんたちもカーテンコールを前にさっさと帰る人が目立ちました。
以前、browdwayで生のジュディ・デンチの芝居を観たとき、
全く英語が分からなかった頃に観たのにも係わらず、凄かったことを覚えています。
兎に角、やってることがすべてわかるのです。クリアーに。
以前、弟がソダーバーグ監督と対談した時に
「どういう役者が優れていると思うか」という弟の質問に
「言葉が通じなくても表現できる人」と言ったそうです。
そういえば野田さんのワークショップをしたときに、
全くめちゃくちゃの言葉で会話をして、実は何の話をしているのか当てるという
エクササイズをしたのを覚えています。
私が日本の芝居をこっちに持ってきたとしたら、お客さんはわかってくれるのかなー。
何だかトライしてみたいな。


VOL.127

2009.11.02  |

'09.11.19 NY2

“this is it”の余韻に浸っています。
私、そんなにマイケル好きだったっけ?と思うくらい何だか浸っています。
何だか死んじゃったのも、マイケルの筋書きなのかもと思ってしまうくらい、
すべてをやり尽くしていなくなってしまった感じがします。
映画は、どうせありものを見繕ったドキュメンタリーなんだろうと甘く見ていたので
本当にびっくりしました。
感覚で生きている、まさしく最高のエンターティナーだと思いました。
映画館で観て当たりでした。天才っているんですね。
イチローさんは天才と言われる陰で、物凄い努力をされてると聞いたことがありますが
マイケルは、ムーンウォークを完成させるのに
血のにじむような千本ノックをやったのかなー?
着てる服によっても踊る表情が全然違うし、音に対しても自分の感覚で注文を付ける。
いやー感動しました。
さて、今日も頭がぼーっとしてる中、チェルシー地区まで
ひたすら歩きギャラリー周りをして来ました。
おもしろいと思ったアーティストが三人くらいいました。
私は初心者なのでわっかり安いのが好きです。
ローランと一緒にいると難しかったり、分からない絵を見て
何分も費やすんで、今回は自分の好きなものだけ観れたので、
それはそれで楽しかったです。
これから地下鉄に乗って、sohoのニューミュージアムを観に行こうかと思ってます。
何だかめちゃめちゃアクティブな私。
時差で全く寝れてないので、今日の夜の芝居大丈夫かなー。


VOL.126

2009.11.02  |

'09.11.19 NY

やってきましたNY!一人旅です。
昼過ぎについて、まずは町中を歩きまくりました。
何せ10年近くきてない気がするNYは、
相変わらずいろいろな言葉が飛び交うパワフルな町です。
前向きなエネルギーをぶんぶん感じます。
夜はマックですませて、今から"THIS IS IT"を観ます。

1.jpg

VOL.125

2009.11.02  |

'09.11.18 休日

いいお天気なので千葉にきています。
わんころも久々に楽しそうです。

2.jpg

VOL.124

2009.11.02  |

'09.11.11 なぞ

あれー?
今日は、何だか朝からばたばたしてて、
やっと落ち着いて自分のご飯を食べようと台所に行くと、
きれいな犬の器と、シンクには食べ終わった後の器。
朝、ばたばたしながら、一つ分作ったのは覚えている。
勿論、食べたのは捨ちゃんと思いつつも、捨ちゃんが食べ散らかす場所が全く汚れていない。
逆に姫チャンが食べる場所の方が、何となく汚れてる気がする。
あれー、私、姫チャンにあげたのかなー。
でも、最近姫は私がその場にいないと食べないし。
それには捨ちゃんの胃薬が入ってる。入れたことだけはちゃんと覚えている。
今、私が食べてる横では、捨が、じーーーーーーっと私を眺めている。
「食べたよね?まだあげてなかったっけ?」
こういうときに、ソフトバンクのお父さんみたいに
喋れればいいのにと思ってしまう。
でも、いつも喋れたら留守にするときとか、なに言われるかわかんないなー。
私が帰ったときの、姫のしゃべりっぷりったらない。
これがもししゃべれたら「ちょっとーどこ行ってたのよー。何で置いてったの!バカ」
とか毎日愚痴言われたら大変だな。


VOL.123

2009.11.02  |

'09.11.06 夫婦喧嘩

昨日、久々に派手な喧嘩をしました。
結局熱が入って「出てケー」「おまえが出てケー」みたいな話になり、
怒ったローランが先に出て行きました。
私の怒りも収まらず、家のキーコードをすぐ変えました。
へへへ、これで家には入れないぞ!
そして私は、コンビニに行きました。
しばらくして帰ってきたら、変えたはずのキーコードが、
なんと元のキーコードに戻っているではありませんか。
自分がキーコードを変えて、家を出るとき確認もしたのに。
しかも、ふと見ると、きゃつのスクーターが。
もしやと思って家にはいると、いるんです!リビングに!
えっ、何で何で?この建物、およそ登るのは困難だし。
えー、意味わかんない。登った?
ランダムに変えたキーコードが当たった?
お隣に開けてもらって、ベランダ越しに入った?
結局まあ、熱は収まりましたが、
冷静になった今「どうやって入ったの?」と聞くのもまた蒸し返しそうで嫌だし。
いやー、七不思議です。何でだろう。
はー、しかし外人との喧嘩は疲れる。
レディース会でも、あっこちゃんやしずちゃんが
「外国人と喧嘩すると寿命が縮まる気がする」って言ってたし。
体は大きいし、声も大きいし、理屈はめちゃくちゃで混乱させるし。
私たち大和撫子は、か弱き乙女なのでござるよ、全く。
まっ、あっち側に言わせたら
「何が大和撫子だよ。黙ってりゃー解決するとでも思ってんのかー」と言われそうだけど。
そうそう、こないだ中井貴一さんに「結婚生活幸せ?」って聞かれて
「うーんまあそこそこで。幸せ過ぎず、不幸せ過ぎずって感じですかね」
と言うと中井さんは「それは結婚生活をちゃんと送ってる証拠だね。
私チョー幸せです!って言われたら絶対うまくいってないって思うよ」と言われました。
うーんなるほど、そうなのか。
まっ、喧嘩はやめましょう。っていうか、喧嘩してるうちが華か。


VOL.122

2009.11.02  |

'09.11.05 12人の怒れる男

蜷川さんと対談のため、昨日「12人の怒れる男」の稽古場に行ってきました。
対談も久々の再会と思えないくらい毒舌トークで、かなり楽しかったです。
(この対談は、「12人の怒れる男」のパンフレットに掲載されます)
さて、出演者の方のほとんどを知っているので、
通し稽古を見させていただきました。
洋画でも名作になった作品で、あ「dog afternoon」の監督が撮っています。
中井貴一さんや西岡徳馬さん、筒井道隆君ほか、
個性あふれるキャストで引き込まれました。これはお薦めです。
しかし、初日からまだまだあるのに、みなさん台詞が入っていて本番さながらです。
初日までに飽きちゃわないかなー、と余計なお世話な心配をしつつ。
中でも私は、斎藤洋介さんにはまってしまいました。
斎藤さんは、ほぼ裏を向いて座っています。でもその背中がいいんです。
あんな背中が語ってる役者さん、稀有だと思います。
凄いなー、どういう人生を送ってきたのだろうと考えてしまいました。
兎に角、皆さん素晴らしかったです。


VOL.121

2009.11.02  |

'09.11.04 今日は満月

11月3日 今日は満月です。見ましたか?まん丸のお月様。
さて、最近クンダリーニyogaにはまっています。
しかも教室が歩いて一分のところにあるので楽チンです。
昨日は友達のさくらちゃんと二人で受けました。
レベッカ先生の自宅の和室は、入った瞬間に包み込まれる様な空気と匂いがします。
普通のyogaとは違うんですけど、じわーっと汗が出てきます。
終わった後は本当にリラックスして、先生の手作りのスパイシーyogiteaをいただくと
もう体がポッカポカ。
帰ってからもベットに入ってからも、おなかの部分がぽっかぽか。
あとは、なんといっても先生からいい”気”をもらっているのか、
うちに帰ってからも、お釈迦様のような笑顔でいられるのです。
何でも許せるかも私!
一日中、コンピューターとにらめっこで、最悪の姿勢のローランを
絶対来週連れて行く!と心に決めました。
カップルでやるyogaもあるんですって。
それにめちゃめちゃ興味あるんです。
二人の気を合わせるんですって。
まずは、来週ローランが気に入ることを切に願う今日この頃です。
それにしても、いつも首を回すと頭蓋骨にひびが入ったような音がするのに、
yogaの後はいつもないんです。凄いいいのかも。


VOL.120

2009.11.02  |

'09.11.02 映画の話

ローランが絶賛していたので、今年のカンヌ映画祭
グランプリ作品の「un prophte」を観ました。
うーん、私はー、あんまり好きではありませんでした。
話は一人の男が監獄入りし、そこを仕切っている(監視員にもお金を上げて黙らせている)
コルシカマフィアに出会い、それでも生き延びていくために、
手下になりながら過ごして、彼自身変貌していく話。
暴力シーンが満載で、私は初めから入っていけなかった。
ローランは「beautiful film!!」って言うんだけど、それがわからなかった。
だいたい趣味は合ったことあんまりないんですけどね。
TSUTAYA二人で別々行動して、借りる映画が一回もだぶったことないし。
さてさて、もう一つ映画祭でシャルロット・ゲンズブールが
女優賞を受賞した作品「THE CRISIS」もなんだか凄そう。
だいたい「ダンサーインザダーク」を撮った監督だから、やな予感はするし。
私はやっぱり何か映画は、人に夢を与えるものであって欲しいと思う。
何か前向きだったり、何か明るい兆しが見えて終わって欲しいと思ってしまう。
でもそれを言うと「じゃあ、君は恋愛映画か、犬の映画ばっかり
観てればいいじゃん」とかむかつくこと言うし。
私だって、ハッピーエンドで終わるのだけが良いとか、これっぽっちも思ってないし。
でも、観終わって思い出したときに、人を殺してたり、
不快なシーンだけが浮かんでくるのってなんかやだ。
私はそう思ってしまう。
さて、もう一本「あいのちから」というフランス映画を観ました。
これはこれで身につまされる話。
ある女の人が、旦那と別れて一人息子を引き取り、一緒に暮らしている。
そして新しい恋人が出来るが、その子供が受け入れず邪魔ばかりする。
かわいい邪魔ならいいけど、これが物凄く手が混んで、
ありとあらゆる方法を息子は考えていく。
話の終わりは”よかったね”ということになるけど。
いやー、もしローランの娘のクレオがこうだったら、私はどうしたただろうなー。
会った当初は、ローランに「しのぶが叩いた」とか「しのぶがお菓子全部食べちゃった」とか
フランス語で言いつけてたのは知っているけど、
そんなことはこれに比べりゃー、可愛いもんだ。
この映画では殺されかかったりするんだから。
でも何だか可笑しくて楽しくて、これぞフランス人!
みたいな人がいっぱい出てきて面白かった。
こういう後味のいい映画は好きだなー。と思う私なのでした。


VOL.119

2009.11.02  |

'09.11.02 ハロウィンパーティー

今日は、近所のラストゥール家でハロウィンパーティー。
アーノーもあっこちゃんもアフロヘアでお出迎え。
なんといってもハナエがめちゃめちゃかわいかった!
全身テントウムシの着ぐるみをまとって、いつものにこにこ顔、超かわいい。
他の子供達もみんな仮装してやってきました。
お姫様やスーパーマン。
この界隈は、ハロウィンがビックイベントで、
毎年凄い人数の子供達がお菓子をねだりにやってきます。
ラストゥール家も今年初めての参加で、てんやわんや。
足しても足してもなくなるお菓子。
でも忙しい中、私たち大人用にはおいしいチーズやハム。
手作りキッシュや手作りチョコレートケーキ。
はー、ここにくるといつも美味しいものにありつけてしあわせー。
ごちそうさまー。

3.jpg

こちらは自動翻訳機能となりますので、翻訳が不十分な場合もございます。予めご了承ください。

Archives
選択してください。
Link
  • トップコートグループ
  • アプティパ